Loading…

ジャイアンも含めた上での世界

Posted by 高見鈴虫 on 19.2015 アメリカ爺時事
あのねえ、
凶和党がどれだけエゲツナイ業突く張りの亡者か、とか、
お茶会の基地外ジーザスフリークが、どれだけ逝っちゃってるか、
とか、そんなことをいくら言っても仕方がないのよ。

つまり、そんな欲の亡者とも、逝っちゃってる人たちとも、
共に暮らさなければいけない、
そのためにはどうしたらいいのか、
ってことを考えなくちゃいけないの。

つまりは、そう、ジャイアンも含めた上での世界。

この自称正義の味方のジャイアンこそが、
本当に本当に一番タチが悪い訳だが、
そんなことは誰もが先刻ご承知な訳なのよ。

つまり、意見の違う相手を一方的に非難するのではなく、
意見の違う人々も含めた上で、
なら、さあ、どうしたらいいでしょうか、ってところが一番大変なのよ。

という民主党のみなさん。

あんたは甘い。

てめえ、ブサヨ、ぶっ殺す、と脳停止してる奴に、
あなたのうんこ頭を私の理知と人間愛で包んでしんぜよう、
んて言ってるから、あんな猿ブッシュな奴らにとことん食い荒らされてしまった訳でさ。

同じ次元で戦うことも時には大切なんじゃないのかな、
とちょっと思ったりもしたが、
そう言ってみてから、いやはや、しまったの大失言。
いやあ、俺もまだまだだな、と苦笑いの深夜のドッグラン。




プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム