Loading…

Br - Ba な職探しの日々

Posted by 高見鈴虫 on 21.2015 とかいぐらし
とゆーわけでなんだ、

まあいまだに失業中な訳だが、
失業中でなにをやってるの?と言われると、
犬の散歩と、そしてまあ、職探し。

日々山のように届く求人サイトからのメール。
で、その中から目ぼしいものをピックしては、
UPDATEしたレジメを送りつけ、
と同時に、人材派遣屋からかかってくる電話、
残されたメッセージの中から、
割りとちょっとまともな神経をしてそうな奴に限って電話を返してみたりもする訳だが、


で、
改めてこの人税派遣屋という人々、
まさに、ブラック・ジョークといえるほどに、
なんというか、まあ、そう、面白い、とでも思わなくてはちょっとやってられない、
まあ、なんというか、まあ、ははは、は人々である。


電話をしたとたんに、いきなり馬鹿でかい声で、弾けまくりの押せ押せ、
まさにマシンガンのようなセールストーク。

その話し方、まったく BREAKING BADの  Saul Goodman そつくり。




まあ、そう、アメリカによくいる、いかにもいかにもな胡散臭いセールスそのものの口調な訳で、
思わず、ジェシー・ピンクマンしてしまっては、
HEY YO BITCH、Y DON'T U SHUT YR F*CKIN’ MOUTH
と口に出そうになる。

で、そんな BS 野郎との電話を切った途端に、

かかってきたのはまさに、 BADGERかSKINNY PETEか、
つまりは昔懐かしいの、あのバンドマン口調。



HEY MEN ではないにしても、まさにろれつの回らないチンピラ口調で、
Hey Yo, Listen up, I got really great deal for Ya, とかなんとか。
俺としてはまあこういう奴の方が話やすいんでついつい電話をかけ直してみれば、
まってくなにを話しても要領を得ず、
したところ、話の途中でいきなりそいつのボスが出て来ては、
まさにその声、MIKE そのもの。
で、あの野太いどす黒い声で、
いやあ、悪かったな、で、仕事の話だ、あんたは金になりそうだぜ、とやってくる。



で、極めつけは、オクラホマだかなんだかからわざわざ電話をしてきた、いかにも田舎のあんちゃん風。

こいつの話し方、まさに、TODD。
あの不気味に無邪気な傭兵くんそのもの。

その間延びした南部訛りが面白くて思わず話込んでしまったのだが、
その提示された金額があまりにも安くて、おいおい、まじかよ、正気で言ってんのか?
と聞いてみれば、

Oh Jeez、とあの舌の裏に噛みタバコを挟んだままのような間の抜けた声で、

あんなあ、オラさが去年一年でいくら稼いだか知ってんべか?
あんたの年収の十分の一だべよ。
こんれでワイフとガキを養ってんだべ。やってらんねえずらよ。
世の中まったく不公平すぎっぺよ、
とかなんとか。

だったらてめえも、金になる資格でも取ったらいいじゃねえか、と言ってみれば、
ああ、まあ、そりゃ、いい事言うっぺなあ。んだあ、確かにそのとおりだっぺ、と関心してる始末。

このあまりにものほほんとした話し方。つまりはまあ、ラリってる訳で、まあそういう乗り、判らねいでもないが、
いやはや、まったくである。



で、まあ、そう、改めてどいつもこいつもな訳で、そういうトラッシュども、
からかっている分には面白いのだが、なかなか銭には結びついてくれない。

という訳でなんだ、そう、俺の気に入る奴ってのはやはりどうしようもないタイプが多すぎ。

で、まあこれも仕事と我慢しては、いかにもムカつく YUPPY 口調。

メッセージを聞いているだけで思わずムカムカしてくるのだが、確かにそういう奴はいい話を持ってくる。

という訳で、まあ、面接の練習がてら会いに出かけた訳だが、

思った通り、白人のまさに、山羊男、そのもの。
つまりはこれがもう、まるで判で押したような、絵に書いたような白人の好青年。

で、話をしながら、なんかこいつどっかで見たことあるな、と思っていたら、
そっか、KILLER INSIDE ME の殺人狂のシェリフじゃねえか。

という訳で、まあ、そう、アメリカ、というか、この人材派遣屋という人々というか、
本当の本当にろくな奴がいねえ、と、まあ、そういう結論に達してしまう訳なのだが、

俺って果たして、こんな奴らに囲まれてやっていけるのだろうか、とつくづく疑問に感じてしまっているこのアメリカ暮らし、
という訳なのである。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム