Loading…

田舎公家の観光土産

Posted by 高見鈴虫 on 26.2015 アメリカ爺時事
なんか極東の島国から田舎公家がやって来るそうだな。

原発に金をタカれなくなったんで、
次は、ドンパチで金を儲けたい、
という訳で、
そうそう、そう言えば、
中国の脅威
でなかったら、
きたちょーせんだ、コリアン・マダ・ファッカーだ、
ってなことをでっち上げて一儲けしたいので、
みなさん協力してちょんまげ、

とでもいうつもりかね。

で、その手土産に、
TPP、はさすがにダメそうなんで、次は自衛隊派兵の口約束か?

あのなあ、いまさら日本がそんなこと言いだしてもだれも喜ばねえ
っていうか、
これ、ただたんに、このバカ殿の個人的な見栄に、日本という国をダシにしてるだけの話だろ。
国家の私物化もここまで来たら立派な㋖だな、おい。

言わせてもらえばここ米国、
お茶会の基地外連中は別にして、
そんなアホの話を真に受ける奴はどこにもいない、
ってよりも、
ぶっちゃけ、世界がこれほどとんでもない状態にある時に、
アジアの島国がどうなろうが、誰も知ったことじゃない。
んなこと徹底的にどうでも良いっていうか、
つまりは、アジアの田舎者同士で好きにしてな、
で終わりだろうが。

友よ。
あんたらが自分たちのことをどこまで勝手に買いかぶっていようが、
アジアは遠い、つまりはそんなもの。
所詮はそんな遠い国での兄弟げんか、つまりはコップの中の嵐など、
誰も興味などもっちゃいないし、
ましてやアベのてーさいがどーのこーのなんて、
はっきりいって世界中の誰一人として、
これっぽっちの関心など持っちゃいないってばさ。

という訳で、そんな遠い国のお国事情をグチグチと愚痴ったとしても、
鼻で笑われるのがおち。
或いは、その足りないオツムの程度まですっかり見透かされては、
挙句に首をかかれる、ってのが、関の山という気がするがどうだ?





という訳で、
なんか最近の日本のバカ殿気取りの無様を見ているとよく思い出す人がいるんだがな。

かの淫乱の元大統領の阿呆マディーネジャードって正真正銘の㋖。

60MINUTESに出演しては、WEBのヨタ記事にあるようなユダヤ陰謀説、なんてのを、
それこそ得意顔で喧伝しては失笑を買う、というよりは、
こいつ・・・まじで、素人以下のアホ、と世界中から見放されたパープー。

WEBのヨタ記事を持ち出すことからして、
つまり、ちゃんとした外交筋からの情報網を持っていない、ということな訳で、
国内的にはそんな噂話を振り回しては事情通な面をして国民を欺いてきた、という、
まさになんとも悲しくなぐらいに底の浅いお人。
その浅ましさに、足元を見られる、というよりは、
すっかりオツムの程度を見透かされる、という訳で、
こんな奴にでかい面をされている人たちは本当に可愛そうだ、と思ったのだが、
案の定次の選挙でボロ負けしてはすっかりお役御免と相成った訳だが、
あの阿呆マディーネジャードによって国民の被った被害たるや、
まさに洒落にならないぐらい甚大であった訳で、
その落とし前、どうしてつけるつもりだ、とやっても、
そう、政治家という人、責任という概念なんてさらさら無い訳でさ。

という訳で、最近の極東のバカ殿気取りをみるたびに、
この阿呆マディーネジャードの姿が思わず目にちらつくわけだ。

ってなことで、そんな日本のアホな腐れ公家どもを手球にとるジャパン・ハンドラーズだかなんだか知らないが、
はっきり言ってこのアメリカで、そんな奴らのことを知っている人はだれもいな~い。
つまり、アメリカですっかり相手にされなくなったあぽーんが、
よりによって日本なんてところで大物風を吹かせているだけの話な訳で、
そんな山師どもの口車にすっかり載せられた田舎公家の方々。
有るはずもない与太話を鵜呑みにしたまま、

日本には戦争責任はない、やら、南京の虐殺も従軍なんたらもなかった、
だから僕のおじいちゃんは悪くなーい、
だから、僕のおじいちゃんをバカにすると、ぼくちゃん、怒っちゃうぞ!

なんて戯言を吐きまくっては、みんなから世撫で撫でしてもらえるかも、
なんてことを期待しているのかと思うと・・
おいおい、こいつ本当に悲しすぎるぐらいなちんかすなんだよな、所詮は。

で、そんなアホ一人のために日本人が世界中で後ろ指をさされる、
というのはなんともやりきれないが、
まあそれはそれで、このあぽーんのとっちゃん小僧がすっかりと墓穴を掘って
さっさと消えてくれた方がすっきりするかな、
という気がしないでもない。

あらためてこの極東の島国。

いまだに、アメリカで大ブーム、やら、アメリカで話題沸騰、やら、
訳も判らず、「アメリカの」とやればやるほどに、
こいつ、どのアメリカを指して、大ブームなんて言ってんだよ、
ってな訳で、
つまりそう、日本において、アメリカの、という枕詞は、つまりはすべてでっちあげの大嘘です、
ということな訳で、そんな簡単な理屈にいまだに騙され続けているのもつまりは島国根性の悲しき性。

でそんなおめでたいガラパゴスな人々。
自分ではやれ民度が高いだ、なんだと、自負している向きもあるのだが、
所詮はそう、田舎の公家に騙され続けたあぽーん以外のなにものでもない。

それが証拠に、見ろよ、

目先の銭に駆られて、地震列島に原発がんがん建てまくっては放射能まみれ。
挙句の果てに、金で買い叩いた騒動師連中、
よりによって、
放射能には毒はない、なんて喧伝をいまだに繰り返している始末。
当然のことながらそんなデマを早々と信じるバカもいないわけで、
という訳で、
次はドンパチ煽っては軍事産業で一儲け。
地震で原発の悪巧みがバレたとたんに、
次はちょーせんだ、ちゅーごくだ、かんこくだ、とそんな話ばかり、って訳だろ?

まったくなあ、こりねえ、というかなんというか、
バカもここまでくればちょっと見上げたものなのだが、
おどろくべきことは、この時代にそんなことにいまだに騙されている奴がいるのか、いないのか。

という訳で、
海外に自立する本ちゃんのサムライの子孫の俺達としては、
そんなアポーン連中に勝手に日本人の顔なんてして欲しくない、
とは常々思っているのだが、
まあ、そう、実は知ったことじゃないんだがな。

まあおめでたい日本人もどきたち、そこで勝手にやってくれ。
俺は俺でここで勝手にジャパン・サムライをやらせてもらう。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム