Loading…

桜の園

Posted by 高見鈴虫 on 11.2015 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
暑い。
ニューヨークはまさに真夏日である。

梅雨のないニューヨークでは、
桜が散ったとたんにいきなり真夏日が到来するわけで、

ついこの間まで氷点下10度、
世界中が雪と氷でカチンコチンになっていた筈が、
ふと気がつけば色彩の乱舞。
緑の草原に花々が狂ったように咲き乱れている
という訳で、
この変り身の早さというか、そのあっけなさというか、
毎年のことながらここニューヨーク、なかなかやってくれる訳である。

ちゅうわけでなんだ、

信じられないことに失業生活も早一年。
資格試験に合格したのは良いのだが、
ほうほうとしているうちに
退職金どころか失業保険でさえも打ち切りが間近。

そろそろ本気で仕事を探すか、
あるいはドッグウォーカーにでもなるか、
ほんちゃんで選択が迫られている訳である。

ちゅうわけでブーくん、
君とこうして日がな一日べたべたとして過ごせる日々も
もうそろそろおしまいにしなくてはならないのだよ。

そう思えば、やけに花の色が目に染みる5月なのである。


(2015-05-11)_295.jpg


プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム