Loading…

BOLLYWOOD 最近見始めたインド映画のお薦めをいくつか

Posted by 高見鈴虫 on 16.2015 読書・映画ねた
最近なぜか、BOLLYWOODの映画にはまっていて、
かの KING KHAN こと、Shah Rukh Khan から、AAMIR KHANからと、
訳もわからないままに片っ端から観まくっている。

かと言って俺がBOLLYWOODについて膨大な知識を持っているか、
というとぜんぜんそんなことはなくて、
WEBでお薦めBOLLYWOODのリストをちゃちゃっと調べては、
次々にNETFLIXのリクエストにぶちこんでいるのだが、
観ても観ても尽きること無く湧き出すような泉のような、
まさに膨大な作品数を誇るこのインド映画、
一度嵌ったが最後そこはまさに迷宮なのである。


で、このインド映画、
なによりもまずは長い(笑

短くて2時間半。3時間超えは普通である。
で、その中にはまさに定番のように、ストーリーとはあまり関係のない歌と踊りが唐突に登場しては、
ついでにインターミッション、なんてのまでもあって、
いやはや、な訳だが、そう、それがまあインド映画なんだよね、はいはい。

大抵においてそのあまりのプリミティブさ、というか、ぶっちゃけ編集が甘すぎて間延びし過ぎであったりする訳だが、
そのキッチュさがまたまた魅力と言えなくもない。

ただそう、インド人は早口である。普通に喋っててもやたらと早口のインド人。
それが字幕たるや、もう訳がわからないぐらいにすさまじい字幕の量になる訳で、
読んでいるだけでも疲れてくるのだが、
いやいや、これはこれで英語の速読がかなり鍛えられる、はずないな(笑



ちゅうわけで、星の数ほどあるインド映画、
まあその中でもいちおう普通に見れるレベルで面白かったのをいくつかご紹介。












Om Shanti Om

まさにボリウッド映画界を舞台にした因縁物。とは言うものの主役はまさにあのKING KHAN。
そのコミカルな味に思わず持って行かれてしまう訳だが、改めてこのKING KHANの凄まじさを思い知らされる気がする。
で、特筆すべきはこの映画に登場する若き日のDeepika Padukoneがまさに超人的に美しい。









3 Idiots

インドの名門工大を舞台にした学園モノコメディ。AAMIR KHANの魅力満載。








Jab Tak Hai Jaan

ロンドンとラジャスタンを結ぶ辛くも美しい愛のお話。二枚目、コメディ、アクションとなんでもこなせるKING KHANの魅力が満載。









Taare Zameen Par

人知れず失読症に悩む問題児の少年と、熱血青年教師との心あたたまるドラマ。
前半から主役のAAMIRが登場するまでがやたらと長いことを除けば普通に感動できるレベル。







My Name is Khan

アスペルガー症候群を患う主人がサンフランシスコにやってきて、という話の実はシリアスもの。
普通の意味でこの映画が一番まとも、というか骨があるんじゃないのかな。




とまあ、上げ始めるとキリがないが、ボリウッド・インド映画、なかなかおもしろい。

凋落甚だしいハリウッドも、相変わらずクソばかりの日本映画に飽きたら、BOLLYWOOD。
その膨大なリストを漁るだけでもしばらく暇が潰せるというもの。お薦めだっち。






プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム