Loading…

無意味で不必要な努力くらい人間を消耗させるものはないのだ 

Posted by 高見鈴虫 on 27.2015 読書・映画ねた
かみさんの里帰り中、
溜まりに溜まった古本の山をブッコフにでも持っていくか、
と思い立って、ふと手にしてしまった
村上春樹 ねじまき鳥クロニクル。

出版されたばかりに読んだ覚えはあるのだが、
その内容、一切合切になにも覚えていないわけで、
とふと読み始めてしまった訳だ。

ちゅうわけで、
ふむふむ、
無意味で不必要な努力くらい人間を消耗させるものはない。

割りと日夜感じ続けていることを、いかにもさらっとお書きいただいている訳なのだが、
だからと言って、
この無意味で不必要な努力の集積された、
このやっかいな「日常」という不毛な轍から、
いったいどうやって逃れればよいのか、
ってことに関しては、
この本には一切書いてないんだろうな、
ってこともなんとなく判ってしまうわけで(笑

ただまあ、一人寝の退屈しのぎにはちょうど良いかもしれず。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム