Loading…

虚言症児童、と顔に書いてある金魚顔の政治家が・・

Posted by 高見鈴虫 on 31.2015 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
うわっ、こ・ど・も・・・・

と思わず絶句してしまうような、ア~イアイ、おさーるさーんだよ~、
どころか、
なんとなく、霊長類というよりは、むしろ金魚とか、に似ていなくもないこの幼気なお顔。

まさに、世の中の苦労なんてなーんにも知ったことじゃないってな
水槽の中で培養されたシーモンキーのような、というか、
まあ、そう、その政治家ぼっちゃんの表情にはまるで現実感ってものが欠落していた訳で。

で、なに、この人が、政治家?まっさかあ、なわけであったのだが、
そう言えば、そう、安倍も、この手の面、と言えばそう言われればそうだよな。

つまりはまた、どこぞのにせーギインとかなんとかが、親の血筋のだかなんたらと、
あの耳障りな燥いだ声で勝手な能書き騒ぎ回っているってあの口かいな、
と、と思っていたら、
げげげ、京大?この人が、となんとなく二度絶句。

なんだが、そう、ここで、えっ?と来た。

この人、政治家でもなんでもいいけど、京大生の顔だけは、し・て・い・な・い。
と同時に、へえ、こんなスカスカな顔した奴も、
親が湯水のごとくに金を払って塾にさえ通えば、
東大でも京大でも入れるようになるんだなあ、
たぶん、問題もそれ向きに作り替えちゃったりとかしてるんだろうな、
という訳で、いつまで経っても通じない英語しか喋れないお猿さんばかりが幅をきかせてしまうわけで、
つくづく馬鹿馬鹿しい世の中だな、とは思っていたのだが、

がしかし、そんな事情を計算に入れたとしても、
このひと、らしくない。
つまり・・なんていうのか、徹底的に何から何までが浮世離れしすぎている
つまり、ぶっちゃけて、経歴詐称の匂いがむんむんする、という訳である。

とそんな、金魚面した、イケメン議員坊っちゃん。

たぶん冗談のつもりなのだがろうが、
戦争で死にたくない、というのは利己的個人主義、
とかなんとかを宣ったがためににわかに脚光を浴びた。

あのなあ、だったらおめえが勝手に行って真っ先に死ねよ、
と仲間内からでさえすぐに言い返されるようなしょーもねーことを言ってしまったりってのからして、
こいつ・・・喧嘩弱すぎる・・ってか、まともに論理的な思考回路、しているとは思えない。

そんな奴がまさか政治家?
あるいは、政治家ってそんな類の人、ぶっちゃけ、㋖やら、知恵足らず、やら、分裂症やら、
そんな類の人、ばかりなの?

で、なんとその同じ人が舌の根も乾かぬうちに、
今度は、国会議員枠の未公開株の、なんてとんでもないことを言って、
友達をかもろうとして逆にちくられて雑誌屋に売られる始末・・

がしかし、とここら辺りから、むむむ、こいつ、実はただの馬鹿じゃないな、とは思い始めていた。
つまり、ちょっと、尋常を逸脱したバカ。あるいは、どっちかっつーとまじで、キに近い人だったんじゃねえのか、
と、俄然興味が湧いてしまった訳だ。

で、いままでのところの極めつけってのが、
19歳の「少年パンパン」と、奴隷にしちゃうよ、なんて、まったく洒落にならな過ぎる関係まで暴露されて、

んだよ、こいつ、オカマのサディストかよ、と。

なんか、ここまで来るとただのマンガ、ってか、出来の悪いターキーアニメ、あるいは頭の中、安いAVのストーリーそのもの?みたいな、一気に底か開けてしまった感がある。

つまり、そう、端的にいって、ただの、ガキ、なのである。
怪獣のおもちゃで積み木を倒しながら、ぎゅばーん、ががっが、どぎゅーん、と変な擬音を呟きながら一人遊びをしている、
そんな子供と、なにひとつとしてなにも違いがない、ということなわけである。

という訳で、誰だよ、こんな出来損ないのガキに投票した奴はよお。

いい加減にしろよ、と言うわけで、
京大、何考えてんだ、こんな奴を卒業させやがって、から、
滋賀県民、お前らの脳みそは、フナ寿司か赤こんにゃくか、とか、
とそんな馬鹿に関わった全ての人々が馬鹿にされることになる訳だが、

まてよ、と思いついて、ちょっとぐぐってみたら、

えっ!? 36歳? まさか・・・・

若いってより、ガキ過ぎ・・・ってか、この人、幼稚園児の頃から精神年齢変わってないんじゃないの?

で、出身は釧路? 
で、なんとなく、釧路江南高校の偏差値とかググってしまうと、
えぇ、ここから京大?ありえねえ、と思いきや、あっ、そう、それでも外語大?
しかも、ペルシャ語?なんでぇ?つまりこの人、ファルシー喋れるの?
つまり、イランやらアフガンやらにも行ったことあるわけ?行ってみようかと思ったわけ?

という訳で・・・なあんか、眉唾臭すぎるよな、なにからなにまでが。

とつまりそう、徹底的になんでもかんでも良かった人だったってことなのだろうか。
骨というより筋というより、ポリシーってものがハナからなにも感じられない、のは良いにしても、だ、
何一つと何もが、カランカラン、つまり、頭のなか、ひとり怪獣ごっこのギュバーンゴガゴガー、そのものなんじゃないの?

で、挙句に、反原発のアルバイトしてたら、いきなり安倍チルドレンに手を引かれて、
で、豹変の途端に、戦争行きたくないのは利己主義、なんてことを行ってしまう訳かい。

ここまで来たら、金魚どころか、クラゲだな。

賭けても良いが、この人、掘れば掘るほどいくらでも嘘偽りばかりがこれでもかと出てくると思うよ。

つまり、すべて、うそさーって、ことだと思うんだよね。

だって、嘘つき、それも、虚言症の子供、そのものの顔してるんだよなあ、実に・・・

そっか、そうそう、こいつ、虚言症の奴、特有の顔してるんだよ。
で、てめえ、つまらねえふかしばかりぶっこんでんじゃねえ、とケリの一つも入れるとすぐに半べそかいたりとかさ。

そっかあ、SMのオカマだったんだねえ。

という訳で、パトロンは中曽根かい、なんてのは気持ちが悪すぎるが、
例えば、
こんな輩に王様されてしまっていた19歳の男娼の気持ち、という奴をちょっとシンクロしてみると・・・

ぐぐぐg・・・・・ そっか、それがつまりは、SM って世界なんですねえ、
となんとなく底の深い世界を覗きこんでしまった気がして怖くなった(笑

ちゅうわけで、いまさながら、
こんな奴を見て本当の子どもたちはどう思うのだろうな。

まさに、自分たちと同じ次元でギュバーンゴガゴガー、と生きている大人たちのクラゲ模様の眺めながら、

ああ、ボク、まじでどうでも良くなってきた、と思っちゃうのかな。

そう思うと、日本人、悲しすぎるな・・・


とゆーわけで、ここからが本題なのだが、

安倍やめろー、とか、戦争はんたーい、とか騒ぐのは良いが、

安倍がやめて、戦争が終わるんかい?
あるいは、安倍が辞めた後の後釜をどうするんかい、とちょっと大人頭を使っても良くないか?

それ以外にろくな政治家が誰もいない、ってところにそもそもの問題があるわけなんだろ?

で、なんで安倍なんてのが幅をきかせてしまったのかってところに根本原因があるわけであってさ。

つまり、この時代、まともな人間はだれも政治家になんかなりたがらない、
あるいは、政治なんてものにはとことんバカバカしくなっている、という虚無主義の末に、
どうにでもな~れ、という投げやりなマゾヒズムの中でうっしっし、とオナニーばかりしている
ってのが現状なんじゃないの?

あらためていう。

日本人が優秀、なんてことはぜーんぜんない。

ただたんに、集団に対する盲従度が半端じゃない、ってだけの話。

身も心も奴隷根性の塊、とただそれだけの話なんだよーん。




プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム