Loading…

サイシンもおど 笑わせる

Posted by 高見鈴虫 on 23.2015 音楽ねた
最近流行りの、という言葉を聞かなくなってから久しい。

最近流行りの音楽、今年の流行はこのファッション、
最新モード、最先端の音。

そんなものをいまだに追いかけている奴がいるのかよ、と、
なんか不思議な気分にさえなる。

確かに嘗ては流行ってものがあった気がする。





流行ってものがある以上、それが向かっている先、というか傾向とかもあった訳で、
それを先読みすることがなとなく「通」の間での勲章でもあった訳で、
流行にどう乗るか、或いはどう距離を置くかで、
誰もが己の価値、というか権威を
必要以上に誇示していたような気もするのだが、
それも流行なんてものにまだ力があった結果だろう。

という訳で、いつのまにやら、そんな流行も今や昔。
そうか、俺もすっかりと歳を食って、
とことん世の中の流れから取り残されてしまったと言う訳か、
と思ったりもしているのだが、
あるいは、
そんなものいまだにあるのかよ、という気もしないでもない。

つまりは、最近の流行ってものがない、そんなものに惑わされない、
ってのが、最近の流行っていう穿った見地、というやつ。

ちゅうわけで、いいんだよなんでも。

既に音という音、思想という思想、モードというモードは出尽くしてしまった訳で、
これまでの文化的遺産をとっかえひっかえ、切り貼り、或いは順列組み合わせして、
さあ幾多のバリエーションがありますか、なんてことにはなんの意味もない、
と誰もが判りきっていることな訳だから。

ただな、そう、なんか全て飽き飽きした、っていうか、
音楽という音楽も、なんかどっかで聞いたことのある、つまりは聞き飽きた音ばかり。
つくづく世の中、新鮮さに欠けよなあ、とは思いながら、
つまりはそれだけ無駄に長生きしちまったってことでもあるのだろうが、
だからと言って、そんな聞き飽きた音を聞き続けなくてはいけない義理も道理もない。

まあいんだよ、なんでも、自分が良ければさ、ということなのだろう。

ちゅうわけで俺は俺、世の中がどうあろうが俺のスタイルを通させて頂く、
と言うのは、まあ今に始まったことではなく。

ちゅうわけで、かのパリの事件からなんとなくマイブームのこのひと。





ZAZ っていう人なのだそうだ。へえ(笑
どんな人か、なんて今更調べたりする気もないのだが。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム