Loading…

さあ、そろそろ18日、つまりは・・・

Posted by 高見鈴虫 on 16.2015 テニスねた
会社の友人であるクリスから、
もうそろそろだな、と言われた。

なんのことかわからないまま、ああ、とだけ答えながら、
なぜそんな妙な質問をするか、と言えば、
つまりは目の前のモニターに映しだされた世界にどっぷり浸り込んで、
まわりの人間もそうに違いない、という錯覚を起こしているのである。

という訳で、クリスがなににどっぷり来ているのか、
とちょっと興味が湧いたのだが、
それを後ろからちょっと盗み見、ショルダー・サーフィンといふのだが、
なんてするのもちょっとつまらない。

という訳で、うーん、と推理を巡らせて、
おお、そうか、スター・ウォーズか、という訳で、
そうそう、確か18日だったよな、
と言ってみれば、

ああ、そう、18日だ、とモニターを見つめたままむっつりと答える。

でもチケット取れるかな、と言ってみれば、

ああ、チケットな。大変だろうな。行くのも大変だろうし。

そうそう、すごい人だろうしな。

だがやっぱり凄く暑そうだよな。

ああ、今年の冬は暖かいしな。

で、どうなんだろう、出来栄えは。ここ最近のははっきり言って外しまくってるしな。

ああ、そう、そうなんだよ。だが、今回こそは行ける。俺はそう信じている。

ああ、そうだな。本当に愉しみだな。

という訳で、映画館なんか行くの本当に久しぶりだ、と言ってみたところで、

なぬ?映画館?とクリス。お前、何言ってるの?

だから、ほら、スター・ウォーズだろ?と言ってみて、馬鹿かお前は、と。

で、こっち来い、これお前も一緒に見ろよ、と。

え?テニス?

そうだよ、オーストラリアン・オープン。

そのSPORTBETの予想ページな訳である。

俺にとっちゃあ、クリスマスもニューイヤーも屁でもねえが、
そう、年が開けたらNFLのプレイオフと、

そしてオーストラリアン・オープンだろ!!!

さあ、張った張った!





という訳で、全豪2016である。
開催は1月16日。
つまり来年とは言いながらあと一月ほどなのである。

で、誰に賭ける?とクリス。

当然だ、フェデラだろ、と俺。

お前なあ、とこれでもかと苦笑いを浮かべるクリス。
全財産張っても、フェデラに賭けるか?
まあ心情的には判らないでもないが、
しかしなあ、それが金がかかるとなると、
そうそうと感情にばかり流されちゃダメだろうが。

だったら錦織、と俺。
錦織がグランドスラム。

お前なあ、と高笑いを響かせるクリス。
それはない、それだけはない、と断言してやる。
で、改めて、
つくづくお前というやつはなあ、と肩を叩かれたりもする。

判っている。それは判っている、が、しかしだ。
金がかかろうがなんだろうが、俺は断じて嫌いな奴のことは応援したくない。
つまり、そう、どうせジョコビッチだろう、とは判っている。
が、だからと言って金だけジョコに賭けて、
で、やっぱりフェデラが負けて悔し泣きしながら、
でもいいか、金は戻ってきたし、
なんてちょこざいなことは。。。。
断じて、し・た・く・な・い!!!

あのなあ、とクリス。

君の人生の失敗は、つまりそう、そのバランスの悪さだってこと、
今更ながらよーく考えた方がいいよ、
と、聞いた風なことを言いやがる。

つまりそう、株を買うなら一番キライな会社の株を買えって奴か?

そう、そのバランス感覚だよ。いつも、心情的なものと、現実を上手く使い分けては、
自分自身をハンドルしていかなくてはいけない。それを大人と言うのさ。

クソッタレ、大人なんてまっぴらごめん。

俺はフェデラだ。それでなければ錦織だ。
そして多分、うちのかみさんも、内心ではジョコが勝つ、と判っていながら、
でもやっぱりラファに賭けるだろう。
そう、うちの夫婦はどっちもそういう性格なのだ。
だから今でもお互いがお互いの足を引っ張り合ってこの体たらくなのだが、
それは判っているのだが、
そう、それだけはやめちゃいけない気がしてるんだ。
なにがあっても、かみさんだけは裏切っちゃいけない!
そう、そういうものさ。

で改めて、お前は?とクリスに聞いてみる。

ああ、俺はもう判ってるからな。そう、俺にはもう結果が見えている。

つまり?ジョコ?

はっはっは、お前、本当にまだまだひよっこだな。
俺は考えに考えぬいて、レビューというレビューを読みまくってだな、
もうやはり、100%確実にこれ以外ないってのが、すでに判っているんだ。

だから面倒くさいやつだな、つまり、そう、やっぱりジョコビッチ、とか言うわけだろ。

ははは、だからお前はアホだと言われるんだ、この浅知恵野郎が。
よーし、教えてやろう。それはな、アンディさ。
アンディ・マレー!

思わず、ばっばっば馬鹿かっかっかっか、お前は、なのである。
アンディ・マレー?
あのウナギ王子?
真夏のオーストラリあとか言ったら、
また干上がってゆでダコだろう、あのスコットランド人。
ワニが逆立ちしてもアンディ・マレーが勝つとはどうしても思えないがな。

笑いたければ笑え!
お前が信じようが信じまいが、俺はアンディ・マレーだと信じている。
なにがどうあってもアンディが勝つ。そう決まってる。

本気でそう思ってるのか?

当然だ。今年こそ、全豪はアンディが取る。それ以外にはない。それ以外には、な・い・ん・だ・よ!

という訳で、改めて互いに顔を合わせては、お前、もうちょっと大人になった方がよくないか?と。

はい、という訳で、良い子の皆さん。
こんな馬鹿なおっさんたちに構わず、
未来ある皆さんは余計なことなど考えず、
しっかり堅実確実に糞ジョコビッチに張ってくださいね。

はい、いいんですよ、ほっといてください俺達のことは。

そう、これまでもそういう人生。
そしてこれからもそういう失敗を繰り返し続けることも、
覚悟の上なんですから。

でそう、そういう馬鹿な自分が、
実は割りと気に入っていたりとかするかもしれないので。

という訳で、2016全豪!
決まってるだろう!!

錦織だ!

錦織が優勝!断じて間違いなし!

うるせえ、外野は黙ってろ!

USOPENの借りは、この全豪で倍返し4倍返し16倍どころか、
256倍、あるいは、65536倍、えーい、しゃらくせえ、
4294967296倍だ、まいったか、この野郎。

ってことで、優勝は錦織、ってのに全財産を賭ければ、
もしかしたら、セントラルパーク・サウスのペントハウスどころか、
ビルのひとつやふたつは買い取れるやも知れず。

うっし、こうなったらますます錦織だ!

がんばれ錦織!


プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム