Loading…

社畜川柳こそが現代の魂の叫び

Posted by 高見鈴虫 on 08.2015 技術系
どもども~!
そうそう、相変わらず夜勤です~。

昼勤バカ社員の尻拭いも終わりましたので、
これより腹筋背筋腕立て、
その後ドラムの練習と資格試験勉強。
と朝まで盛り沢山です!

という訳でこの意味なし夜勤。
果たしてこんな仕事に意味などあるのか、
とは常々思っていますが、
こんな仕事で金が貰えるんだから黙っておくか、
とせせら笑う以外にやることもなく、
つくづくこの会社、ダメじゃないのか?と思い知っていますが、
昼勤の社員たちも、
たぶんそんなダメな会社のダメな社員という役割を演じることこそが仕事、
と思っている輩ばかりなのでしょうね。

つまり、そんなこんなは俺だけじゃない、と。

という訳でこの歪な土方産業。
まさにダムの建設現場のタコ部屋状態と化しています。
IT川柳のひとつひとつがずーんと胸に響く今日このごろ


間違ったかな、と苦笑いの毎日です。

でそっちはどう?なんて聞くだけ野暮か。
愚痴言うぐらいなら、なんか気の利いた川柳でもひねりましょうね。





プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム