Loading…

幸せな犬

Posted by 高見鈴虫 on 09.2016 とかいぐらし

午後出社の深夜帰りの生活が続いている。

こんな暮らしをしていてカタギに戻れなくなったらどうしようとも思うのだが、
ただ、犬は喜んでいる。

朝からセントラルパークをこれでもかと走り回り、
帰って食事の後、一休みしてからまた散歩。

俺が会社に出かけた後、
午後の昼寝を貪っていると、
そうこうするうちにかみさんが帰宅。
また散歩に出て帰って夕食。

一休みしていると猛犬仲間から電話でまたドッグラン。

帰ってすっかりお休みモード、と言うあたりで俺が帰宅。
寝際におやつをねだっては共に寝床に入り、

二人の間に挟まれては、うーんむにゃむにゃと夢の中。

犬ばかりが喜んでいても始まらないとは判っていながらも、

幸せな犬の姿を見るのはやはり良いものだ。
幸せって結局のところ、そのぐらいなものなのか、
と、そんな犬の寝顔を眺めながら思ったりしている。


プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム