Loading…

ねえ、もう、資本主義とか、やめねえ?って思ってるのだがどう?

Posted by 高見鈴虫 on 16.2016 嘗て知った結末
人間にとって一番大切なことって、
やっぱり、飯を食うこと、水を飲むこと、そして寝ること。
で、この飯、と水、が確保できれば、
もうそれほど苦労して働かなくてもいんじゃないのか、
とふと思ってしまった訳で。

つまりなんというか、この時代。
はっきり言って、人間が一日のうちに摂取しなくてはいけない栄養なんて、
実はたかが知れている訳で、
例えば、エナジーバーとか、あるいはエナジードリンクとか、
あるいは、いわゆるひとつの点滴とか、
だけで必要な栄養源だけを確保してしまえば、
人間死ぬことはない、ということなのであれば、
例えばその栄養源に、食欲抑制剤、なんてのも入っていれば、
必要な栄養源だけ摂取して、あとはまるまる一日中が自分の物、
となる訳で、食っちゃ寝、どころか、そう一日中、ただずっとなにもせずに寝てられる、
あるいは、ずっと遊んでいられる、という状況、
考えれば考える程、実はそれほど難しいことじゃないんじゃないの?とか。





多分もう作れると思うんだよね、そういう必要な栄養分だけの食料ってさ。
それを工場でがーっと大量生産しちゃって、
で、それに食欲抑制剤が入っていれば、もう色々な物を食いたいとか、
もっと美味しいものを、とか、もっとたくさん、とか、
そういう余計なことも考えなくなる訳でさ。

つまりは単食系を極めたエナジーバー、あるいは、点滴、
あるいはそう、宇宙食みたいなもので生命の維持だけを確保しちゃって、
で、あとはみんな遊んでましょう、で十分でしょう、と。

それぐらいのこと、もう人類には余裕でできると思うんだよね。

で、なに?性欲?
それにしたって、例えばもう、うちのブッチじゃないけど、
物心付く前に虚勢されてしまえば、もういっさい余計なことを考える必要もない訳で、
だとしたら、あんまりつまらない、とすれば、
例えば、俺、もう子供作りません、ってやつは、すかっとパイプカットしちゃって、
だったらもう、なんでもいいや、ってぐあいに、まさに種の保存からも、所有欲からも開放されて、
誰とでもやり放題、でも誰のものでもなく、誰をも求めずっていう、
まさにボノボ状態になるわけで。

つまりそう、ボノボって、食うに困らなかったと、ただそれだけなんじゃないのかな、
と思っていた。

そっか、結局は、食うこと、な訳なんだろ?
で、一日エナジーバー3っつで事足りる、のであれば、みんなそうしない?と思っているのだが、どう?

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム