Loading…

選挙の朝

Posted by 高見鈴虫 on 05.2008 ニューヨーク徒然

選挙の朝、
いつものようにちゃりんこで駆けだした街。
すれ違う人々、
なんか今日は朝からコクジンと良く目が合うなあ、と。
つまり、コクジンが顔を上げて歩いている、と言うことか。
そうだ、目覚めろNEW YORK!
土人も赤首もラティノもジューもチャイニーズもみんな起きて投票に行け!
起きろ、ホームレス!そんなところに寝てないで投票に行け!
ジョギングの姉ちゃん、走ってそのまま投票に行け!
労働者は会社なんて行ってないで投票に行け!
テニサーも、今日と言う今日だけはテニスは後回しで、投票に行け!
みんな、起きろ!起きて投票に行け!
頼むから目を覚まして投票に行ってくれ!

これで変るぞ!
アメリカが変るぞ!
まあね、おばまが勝ったからと言って、
一昼一夜で世界が変るはずはないけどさ。
でもね、
そう信じさせてくれる、
それだけでも、それこそが、
希望と表現できうる唯一のものなんだよ。

前々々回のパパブッシュとクリントンは老と若の戦い
前々回のゴアとWブッシュは金持ちと貧乏の戦い
前回のブッシュとケリーは馬鹿と利口の戦い
今回は白とカラードなのだろうか。

行け、おばまん、がんがれ!!

と言うわけで、
アメリカ大統領選挙、これは一級品のエンターテイメントだなあ、と改めて。

ああ、これであの馬鹿なサル面ともお別れか。
涙が出るほど嬉しいぜ。

ごーおばまん!!
あめりかを信じさせてくれ!



            ~遠方の友に宛てたメールより


プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム