Loading…

BABYMETALどこまでドラマチック! ~ テニスコートで涙腺崩壊

Posted by 高見鈴虫 on 10.2016 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
お昼時の犬の散歩で、
川沿いのテニスコートの裏の芝生でボール投げ。

手元のIPHONEで、英国ダウンロードの最新情報、
思わず、ドキドキ・モーニング。
神様、お願い!と腹筋に思い切り力を込めながら、
えいやあ、と開いた途端、

なぬ!?

ベビーメタル、英国ダウンロード公演、大成功!
豪雨の中で、伝説的なステージ!!
十数万人が踊り狂って感涙にむせぶ・・・


ああああ・・・・

思わずそのまま、芝生の中に沈没。
そして、うるうると、涙が涙が・・・

BABYMETAL、いったいどこまでドラマチックなのだ。

俺は、もう、幸せで、幸せで・・胸が一杯で一杯で・・・

改めて、BABYMETAL、そして神バンド、
そしてスタッフの方々。
御大将自らが長靴履いてモップ掃除をしていた、
そんな、まさに、天下一の大将・小林さん!

そして、こんな糞ブログ読んでくれている、
顔も知らぬベビメタ・メイトの方々。

俺をこんな世界に引きずり込んでくれて本当にありがとう。
心の底から感謝している。

ああ、もうセックスドラッグス・ロックンロールもやり過ぎたし、
あとはもういつ死んでもいいかな。
この犬が逝っちまった時に、俺も一緒に棺桶に入ろう、
などと思っていたのだが・・・

そんな俺に、この歳になって、
まさかこんな生きがいが転がり込んでくるとは・・・

奇跡です。そう、BABYMETALの奇跡。

奇跡と言えばそう、
BABYMETALのステージが開始される直前に降りだした雨。
俺はその話を聴いた時に、勝った!と思った。

BABYMETALは雨女、と以前にも書いたが、
ベビメタの歴史的イベントは、どういう訳か雨の日が多い。

織田信長と同じ、劣勢を制するものは天、つまりは天候を味方につける。

これはもう、まさに、運、というよりは、神がかりとしか言いようがない。

そして思わず、このBABYMETAL、本当の本当になにか憑いてるんじゃねえのか?

と思ってもいた。

ただ、もしも、ゆいちゃんの腰が本当であったとしたら、
その痛み止めの効く時間内にライブを終わらせなくてはいけない訳で、
この恵みの雨が、どう作用するのか・・

ああ、はらはらどきどき、としながら電話会議に巻き込まれていた訳で・・

という訳で、いやあ、ドラマチック。まさにベビメタの独壇場、
会心の大逆転満塁ホームラン、またやってくれた。

とか書いていると、またまた涙が涙が・・・・

改めて、皆様、心から、GO FUCK YOURSELF じゃなかった、
ありがとう、と伝えたい。

BABYMETALを知って、本当に良かった。

ありがと~、ダンケ、サンキュー、
そして、明日は、心の底から、メルシ~!

そして来年こそは、グラシアス、そして、シエシエ、と、スパシーバ!

北米、及び、南米、そして、オーストラリア、
そして、あの広大な支那、と、そしてロシア!!

前には触れなかったが、
中国人は遅れてきたロック大国。
そしてロシア人はまさに潜在的に日本大好きのロックおたく。
寿司マニア、村上春樹、そして、BABYMETAL!
うちの会社にもロシア人のベビメタ・フリーク多し!
つまりもう、完全に陥落したも同然。

行け、行け、BABYMETAL 世界を我らのもとに。愛で世界を包んでくれ。

合言葉は、BABYMETAL THE ONE!

なんか、ほんと、とんでもないことが、いまや目前・・・


♪ ♪ ♪

以下、蛇足と言い訳。

実はそう、あのベンジーっていう、
いい年こいて躾の入ってない馬鹿犬(昔そういう映画あったよな・笑
の無駄吠えに関して、助けて~これどんな意味?
とお伺いのコメントが多数。

まあ、ARE YOU FUCKING AROUND!?

直訳すれば、FUCK=おまむこ、となるわけで、
だったら、やりまくってんの?とかにしてしまうと、
枕営業、とか妙な訳が出てくるが、
いや、それ、違う(笑

今、このFUCKはあまりにも一般的になりすぎて、
なので、おまむこ、という性的な意味よりは、糞、という意味のほうが強い、
と理解する。

ので、男に対しても、このFUCKは良く使ったりもするので、
性的な意味は除外しして、
てめえ、こんなところで何をしてやがるんだよ、
というぐらいに意訳して調度良いかな、と。

ですが、英国ではよく知りませんが、
英国人においてFUCKは外来語。なので、実はアメリカほどに強い意味もない、
と聴いたことがあります。
(多分、東京人の馬鹿とアホ、と、大阪でアホと馬鹿、が違う、ってのと似ている)

ここアメリカにおいてのFUCK。
このまさに、会社を離れた途端、
日常的に雨あられのごとく使っているこのFUCKという言葉ですが、
しかし、未成年の、しかも、女の子の前では、口が裂けても言いません。
それは、大人の理性というよりは、プライド。

未来を担う子供たちですよ。
しかもこんな、まさに神々しいばかりに麗しい美少女たちを相手に、
FUCK? 
アメリカでしたら、そのまま胸ぐら掴まれて羽交い締め、
でなければ、警察を呼ばれていたと思います。

まあ冗談のつもりだったのでしょうが、いずれにしろろくなものじゃないですね。
大滑り。それも、一生を大無しにする大失言。
もしかしたら、楽屋から帰るときに、二言三言、
この恥知らずのくそったれ、のような言葉を吐きつけられては、
ケツに蹴りを入れられたり背中にツバを吐かれたりしてたじゃないのかな。
でも、まじで裏口で殴られたり、とかはしなかったのは、
そんなことがニュースになったら、BABYMETALの迷惑になるから、
という理由で、本心なら、この恥知らず、と二三発ぶん殴られて当然。
そしてそれは、これから先もずっと続くのだろう、とという訳で、
ベンジーさん、なんか可哀想になっちゃったぜ、
と思っていたら、しっかり詫び入れたようですね。

うっし、だったらベビメタの舎弟にしてやる。
次は前座で使ってやるから、機材運び、宜しくな、ぐらいがちょうどよいかと。

でそう、
大切なライブの前に、どうしても、我が親愛なるベビメタ・メイトの方々に、
その辺りの、怒り、というか、悪い気、みたいなものを洗い流しておいて頂きたく、
朝の5時まで、カタカタと糞ブログを綴る羽目となり、
結果、寝坊こいて今日は自宅勤務。
その罰でしっかりタイマーまでかけといたベビメタの開演時間に電話会議に入れられて・・

とまあ、そう、世の中うまくは行きませんが、
なにはともあれ、ライブが大成功だったようなので、
そう、全てが倍返し、100倍返し。

BABYMETAL、本当の本当にやってくれます。

でそう、前回のあのすぐに消す、
と言った意味は、

実は、文章が荒くて読み返す気にならない、と個人的に思ったことと、

あとは、これは本当ではない、つまり、こんな簡単には行かない、という訳で、

そう、赤勝て白勝ての運動会じゃあるまいし、
そんな簡単なことでこの現代社会が語れるか、と。

まあそう、そのあたりの所、あの糞ベンジー野郎への怒りの熱が冷めないうちに、
この週末にでも書いとこうかな、と思いますが・・

おっと、昼の時間は終わりです。ではでは。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム