Loading…

それでも あめりかんないず されてみたいですか?

Posted by 高見鈴虫 on 27.2016 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments
久しぶりに毒を吐かせていただく。
そう、アメリカと、そして日本のこと、である。
正気で生きているつもりのひとは、
きっと嫌な気分になるから、読みたくない人は読まない方が良い。
なので自己責任である。
自己責任である以上、ここに書いてあることに文句は言わないで欲しい。
そう、俺はそういう人なのだ。
あんたからなにを言われようが俺はそういう人である。
あるいはこの糞ブロに綴っていあるような事情から、
そういう人になっていった、訳だ。
のでそう、読む読まないはあんたの勝手、そう自己責任だが、
文句だけはご勘弁頂きたい。
そう、正義はたくさんある、まあ気持ちは判るじゃねえか、
ぐらいがちょうどよいのだ。
そう、これは腐れロッカーの戯言だ。
それを忘れないで欲しい。

♪ ♪ ♪

旅行から帰ったばかりのかみさん、
ねえ、美味しいほうじ茶買って来たから飲んでみない?
とお湯を沸かしていたのだが、
そんなかみさんがキッチンの中からいきなり、
熱い!の悲鳴。

途端に飛び起きた犬が、何だ何だ、と猛ダッシュ。
その後ろを続く俺。

熱い! このヤカン、また火傷した。

そりゃお前、お湯沸かしたヤカンの取手をそのまま掴んだら火傷するさ。
しないわよ、とかみさん。

日本じゃあり得ないわよ、こんなヤカン。
取手触ると火傷するような、みすみす子供に怪我させるようなもの、
日本人だったら絶対に作らないわよ。

触れば必ず火傷するヤカン、
そんなもの平気で作って売っちゃうのが、
これがそう、アメリカなんだよねえ
と今更ながら、それ中国製

そんなかみさん、歩き方がなんか変だ、と思ったら、
実はね、日本で医者に行った、とのこと。

なんか足に妙なおできができて、
それが日本滞在中に歩けないほどに悪化。
たまらずに医者に行った、とのこと。

でも、お前、もうアメリカ国籍だし、
健康保険もなかっただろ?

そう、保険もないしさ、いったいどんなお金ふんだくられるのかと思ってさ。

で、手術という程大げさでもないが、一応麻酔をして切開、ぐらいのことはしたらしい。

で、いくらだった?

いくらだったと思う?とかみさん。

1000ドルぐらい?1

そう、10万円、そのぐらいだと思うでしょ?

もっと高かったの?

それがさ。

ええ、六千円?

そう、六千円。

たったそれだけ?ありえねえ・・

そしたら、お母さんから、たかがおでき潰すぐらいでそんなお金とって、って逆に怒ってるの。

6千円で?60ドルだろ?そのぐらいこっちだったら、保険があったって、もっとかかるぜ。

そうでしょ?驚いちゃってさ。つくづく日本って良い国なんだなって思い知った。



日本の方々。笑ってやって欲しい。
だがそう、それがアメリカの感覚なのである。

なにかにつけて気配りの足りない投げやりな道具。
まずい飯。
そして、高い高い医療費。
アメリカは、ヘタすれば盲腸ひとつで100万円、
保険がなかったら、それこそ500万円、600万円をふんだくられる、
アメリカはそんな国なのである。

まったく日本の感覚だったら信じられないそんなことが、
平気のへの字でまかり通る、そんな国。
日本の風が吹き込む度に改めて、
ここアメリカという国に暮らすことの恐ろしさを思い知らされるわけで、
つまりはそう、これも全て **** の差金。

ただそう、日本の医療費が安いのは、
つまりは、国際レベルにおいては格安の給料で汗水垂らすお医者さんやら看護婦さんやら、
そしてNGOやボランティアに携わる人たちの尽力があるのだろうが、
それにしてもだ。

そんな人々が全てあめりかんないず
全てが全て金に換算しては、
すべてがすべて、人の弱みにつけこんでは踏んだくれるだけふんだくる
それが慣習となってしまった国。このアメリカ

おいおい、アメリカが素晴らしい国なんて、いったい誰が言ったんだよ。
そう、それしか知らないアメリカ人が、そう思い込まされて言わされてるだけ、
それだけの話。
つまりそれって、立派な洗脳じゃないのか?





と言うわけでだ。
ぶっちゃけ、関税の撤廃だ、肉野菜果物がが安くなる、
そして、日本製品の輸出が増えて、国がリッチになったら
トリクルダウン効果で俺にもおこぼれが・・・

良いことばかり聞かされているのでしょ~が、

実際に起こることはと予想するに、
こっちじゃまともな人間なら誰も食わなくなった売れ残りのゴミ、
つまりは農薬漬け野菜と、遺伝子組み換え野菜。
抗生物質漬で薬臭くて食えたもんじゃない人造肉。
甘すぎて口の曲がりそうなお菓子。
そんなアメリカ飯、食えば必ず太る、その御墨付き。
そして、そう、農業の崩壊。
これ以外使っちゃだめと無理強いされる農薬入りの種・苗、とか。
なんだんだよそれ、っていう???が、
もう山積みになる、と思ってんだけどどう?

で、挙句の果てに水、とか
水道料がべらぼうに高くなって、
そしてライフラインの最もたるもの、
アメリカの粗悪で金権主義的な様々なもの、
医療費が、そして薬が、そして保険が、
そんなアメリカの悪徳が、
これでもか、と日本に流れ込んでくるわけで、

そう、つまりは、下手をすれば日本人は、それによってもっとも大切なもの
つまりは命の値段を、安売りすることになる、その事実、
天秤にかけた上で、よーく考えて欲しい。

ちなみにそう、アメリカに乗っ取られた国、
つまりは衛星国扱いにされている中南米諸国、
アメリカ資本が入ったとたんに、国中がデブばかり病気ばかり。
水は飲めない、家を潰されて8車線の高速道路、
でも誰も車なんて持ってない。
国の美味しいものはすべて輸出用に取られちゃって、
で現地の奴らは缶詰とそして、アメリカのファストフードばかり。
結果、だれもがきれいに雪だるま状態。

そう、つまりはそう、アメリカという国の、
悪いところばかりを押し付けられてアメリカのゲトーの再現化、
それだけ。それだけのための経済援助。



改めて、TPP、環太平洋戦略的経済連携協定、
これを無理矢理にでもと推し進めた米国のロビーストの面々

この、金に買われて米国議会に圧力をかける、ってのを生業にしている、
米国の諸悪の根源とまで言われているこのロビーストという輩。
つまりは政治を金で買い取ろうとする人々。

ただそう、そんなロビーストの暴走につくづく嫌気のさしたアメリカでは、
そんなロビーストが、誰に幾ら貰って、そんな活動をしているのか、
その寄付金の明細を公にせねばいけないってな義務がある。

という訳で、そう、今回のTPP推進派のロビーストたちの、
その資金の出処をよーく見て欲しい。

思わずコーヒーをぶっと吹いてしまうほど露骨に、
それこそ、このグローバル社会から、蛇蝎のごとくに嫌われては、
ついにアメリカではまともな商売のできなくなってきている
そんな胡散臭い企業ばかり、であったりもすることを、
よーく考えて欲しい訳だ。

え?なんだって?
農薬だって、遺伝子組み換えだって、
放射能入りの野菜よりはましだって?

その放射能入の野菜を混ぜこぜに売り込んでいるのが、
いったいどんな人たちなのか、ちょっと考えただけで判るっしょ?

つまりそう、同じ穴のムジナ。日米の似たような連中が、
それを、銭のために、推し進めているだけ、ただそれだけの話しなんだよね。

つまりその共通点?国民を、つまりあなたを、虫、ぐらいにしか思ってないってこと。

で、そういう人たち、しいいいいっかり、逃げ場所、つまりはハワイやら西海岸やらに、
家族やら親戚名義で、豪邸を構えていたりとかするから笑える。

綺麗な薔薇には棘がある、ではないが、
そう、わかりやすい話、やら、甘い言葉には、必ず裏がある。
裏がない訳がないってのがこのグローバル社会の常識
それが真心とプライドの潰えた社会での常識。

じゃあどうすればいいんだよ?

と言われれば、
そう、言ってやるよ、どうすれば良いか。

選挙に行け、それだけだ

自分の身を守るために選挙に行くんだよ。

この民主主義というシステム、これが確率されるまでのあいだ、
この一票の権利を獲得するために、いったいどれだけの血が流されたのか、
いまも流され続けているのか。

その折角の権利、つまりは、業突く張りの金持ちの連中に、
好きなようにカモられては、使い捨てにされない為に、
そのための、一票、なんだぜ。

それをみすみす放棄したら、
はいはい、好きに殺してくださいな、と、そう言っているだけ、ってこと、
で、今のこの状態が、その結果である、ってことを、よーく考えた方がいい。

国のため?国益のため?
なにを、偉そうなことを言ってるんだよ。

てめえの命を、あんたのその生命、あんたの命よりも大切な、その子供の命を守るために、
社会ってのはある筈なんだよ。

武士は食わねど高楊枝、欲しがりません勝つまでは、君が代から、国旗掲揚から、
そんなものは、人に押し付けられて無理矢理やらされるものじゃない。そうあってはいけない。
てめえの自由で、てめえの好き勝手にやるからこそ、意味があるんじゃねえか。

そのてめえってのがいったいなにかって言えば、
端的に言って、一票。
そう選挙の一票なんだよ。

それを、俺はこのアメリカで、死ぬほどに思い知らされた。
そうこの国では主張をしない限り、なにひとつとしてなにも得ることができない。
主張しないかぎり奪われるばかり。
そして勝手にいいようにされては、だってなにも言わなかったじゃないか、
としたり顔で言われる、そういう国。

そしてそう、その日本人がもっとも苦手とする、自分のわがままを主張するってのが、
エゴの張り合いと勘違いされては、お互いがお互いをこれでもかと憎みあうことになる、
そういう筋書き、すでに始まってるでしょ?

必要なのは、革命でも戦争でもない。民主主義、その透明化だ。

その為には、賢くならねばいけないんだよ、自分の、そして家族の身を守るために。



英国でのあの珍事

下馬評では75対25と言われた残留派絶対優勢って言われたその結果が、
ああなったのは、
実はそう、SNSやらこんな糞ブログやらを通じた、
言ってみればお上の目の届かない当たらしいコミュニケーション、
その影響力だと思う。

それがそう、冗談半分に、面白半分に、ちょっと悪戯をしかけてみたら、
と、そんなところなのではないか、と思ったりもしている。

そう、ベビメタだってそうだろう?
日本のメディアを牛耳っているつもりになっているあの糞田ニに
徹底的にブロックされながら、
しかし、
そんなもの、知った事かと拡散をつづけるSNS、そしてこんな糞ブログ。
このベビメタが世界に飛び立てたのは、その威力だろ?
違うのか?

俺はそれを、良い方にばかり捉えていたが、
そう、こういうことだってある。
つまりはそう、悪ふざけが国際政治をひっくり返してしまう、
逆に言えば、このSNSという新しいコミュニケーションは、
そういうことだって可能だってことなのだ。

ただ俺は信じている

日本人はバカじゃない

口ではなんだかんだ言いながら、庭先で飼っていた犬が痩せ細って死に、
有名人の心筋梗塞やら、心不全やら、癌やらが、妙に新聞を賑わす、
がだれもその本質を、言いたがらない、
そんな聾桟敷の中で、そう、気付いているんだろ?
なにが起こっているかってことぐらい。

でもさ、たかが一票だぜ。たかが俺、ごときのものじゃねえか、
それによって、実はなにも変わらないかもしれない。

ただ、品行方正なエリートの方々の知らないストリートの常識。
難民移民の流入によって
かっぱらいと、通学路に立つパンパンと、そしてドラッグ、
それがしこたま持ち込まれてるんだぜ、ってことを身を持って知っている連中の、
そんなストリートの常識が、実はそんな一票の中に影を落としている、
それを真摯に受け止める、受け止めさせてやる、べきなのだ。

だったら、どうすりゃいんだよ!?
話はそこから始まるんだよ。

だからそう、繰り返す。
もう政治を舐めていられる状態じゃねえと思うぜ。

このまま行ったら、トランプが勝つかもしれない
英国のあのドンデン返しで、アメリカを震撼させている理由はまさにそれ。

政治が茶番なのではない
茶番が政治を凌駕してしまうのである。

そして日本は・・・おいおい・・だぜ。

選挙にはいかねえ。いってもしょうがねえ、かったるいしだせえし、
なんて格好つけている場合じゃない、と思う。

そう無気力にさせられているってのからして、
好き放題にしてやがる、そいつらの策略なんだから。

あなたが選挙に行かなくて一番喜ぶの誰?

政治家が組織票の見込めるバカと宗教おたくばかりにすりよる理由はなぜ?

つまりはそう、そういう世の中にするため。

あんたみたいな人を、淘汰するため、ってのがその思い切りの理由なんじゃない?

ちゅうわけで、宗教おたくでもバカでもないひと、
そんな宗教おたくやバカと一絡げで棄民されちゃたまらねえと思ってるひと、

死にたくなければ選挙に行くべき。それが唯一の生き残る道。

これは死活問題なの DEATH







  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高見鈴虫

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム