Loading…

「BABYMETAL WTF! ~ いまや普通にロックのアイコン」

Posted by 高見鈴虫 on 16.2016 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments


2016年7月15日
BABYMETAL LOS ANGELES THE WILTERN。

このとんでもないギグに、いきなりなん放り込んだ
イニシエのメタル極道であるところの俺の旧ダチ。

ステージの始まる前に送ってきたメッセージ。

なんかさ、外人、ってか、現地の奴らばっかりなんだけど・・・

つまり、いきなりなんの予備知識も無しに会場に向かったこの男、
ベビーメタルを、ヘビーメタルのもじりだ、ってことさえ気が付かなかった、
そんな間の抜けたバンド極道。

ベビーなんたら?
つまりは、あの、日本の、AKB とか モーニング娘、とか、
つまりは、そう、あの KPOP とかと、似たようなものなんだろ?
だからそう、
来ている客だって、あの気持ち悪いドルオタ、と言われている、
あんな奴らばっかりなんじゃねえのか?

と完全にタカをくくっていたその男が、
会場に着いたとたんに、いきなり、むむむ・・・!?!?

おい、ガンズやら、オッジーのTシャツ着た奴が沢山いるぜ、と妙なところで驚いている。

なんか、ここ、メタルの奴らが沢山いるんだけど・・・

その突拍子もなく外しまくった感嘆に、LAの会場を包む全てが凝縮されている。

そう、BABYMETALはもう、日本からの、やら、アイドルとメタルの融合の、
なんていう、ちゃらくさい能書きは、すでに必要なくなっている、と。

つまりは、ガンズや、メタリカや、ニルバナや、あるいは、ストーンズ、
そんな大御所たちと、まさに、肩を並べる、ロック界の輝けるアイコン、そのもの。

で、その第一声が、げえええええ! W T F !

まさに、どんなロックファンも、どんなメタル・フリークも、いきなり卒倒を起こすような、
ロックもロック、メタルもメタル、正真正銘の、しかもそれを遥かに凌駕、あるいはアップグレードした、
まさに、ロックの未来形、そのもの。

WTH! =WHAT THE FUCK!

これ以上に、BABYMETALを表現する言葉があるだろうか。

いまや世界に認められる、どころか、ロックを代表するアイコンに成り上がったベビーメタル。

ペリスコのあの羽虫のようにプカプカと浮かぶうざいコメント欄に、

ああ、ガンズのアクセルが、やら、ああ、AC/DCが、やら、そんなコメントを入れるアフォ。

あのなあ、と思わず苦笑いである。

俺は、ガンズも、そして、AC/DCも、
あるいは、イギー・ポップも、ストーンズも、
この眼と鼻の先、つまりはステージの真ん前で見てきたが、

このベビーメタルほどに凄いバンドは、これまでに観たことが無かった。

そんな俺から言わせてもらおう。

おうおう、そういうなら、ベビーメタルを観たそのままで、
そのガンズやら、AC/DCやらを、もう一度聞いてみろよ。

まじでおかしくって、笑っちゃうぜ。
あのガンズが、そして、AC/DCが、ストーンズが、イギーが、
まるで、農作業中の鼻歌、あるいは、
小学校の行進曲、に聞こえてきてしまったりするんだぜ。

そう、進化は誰にも止められないんだよ。

思い出に縋って生きたい奴は、一生そこで浪花節でも唸っていれば良い。

俺の知ったことではない。

世界がどうなろうが、俺は勝手にベビーメタル。

ベビーメタルを知ってから、ますます世間とのバランスが関係なくなっている、
そんな俺たちなのである。





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高見鈴虫

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム