Loading…

BABYMETAL 抱腹絶倒2016 AP アワード ~ ポニーテールのチアリーダーとハードコア大魔王

Posted by 高見鈴虫 on 19.2016 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
2016年7月18日。
オハイオ州クリーブランド。

今後の米国、強いては、世界の情勢を占うことにもなる、
米国共和党党大会の第一日目、

本選挙戦の台風の目となる悪魔の暴言王・ドナルド・トランプ。

このドナルド・トランプをめぐって、共和党大会がまさに真っ二つ。

一つの会場の中、サポーターとプロテスターが2つに分かれ、
互いにこれでもかと罵声を浴びせ合っては、
場内一杯に耳を覆う怒涛が嵐のように吹き荒れる大騒乱。

まさにこれ、内戦前夜の様相、そのもの。

アメリカはこのままどうなってしまうのか?

ドナルド・トランプというこの世紀のトリックスターに翻弄されるまま、
世界は地獄への道を転がり落ちることになるのか。

そんな光景を、
このアメリカ中のほとんど全ての人々が、
まさに固唾を飲んで見守っていた、

そんな時、

その目と鼻の先、
同じオハイオ州のコロンバスにて行われていた、
この抱腹絶倒の祭典 !

「2016APミュージックアワード!」

なんだそりゃ!?

正直、このAP=Alternative Press ってのがいったいなんなのか、
俺的にはまったく知りもしない訳で、
まあ、ふーん、ロック雑誌なのか、へえ、と、そんな感じ。

ただそう、このAPなんちゃらが主催するパーティに、
我らがBABYMETALが出演する、
とは聞いていて、
で、それに、あろう事か、
かのジューダスプリースト!のリード・ボーカルである、
ロブ・ハルフォード!!!
なんててのががが共演するっててな話でげげげげげ。。。
とは思っていた。






改めて暴言を覚悟で言い放てば、
パンカーであった俺らにとってこのジューダスプリーストは敵!
しかも、強敵、あるいは、超敵!であった。

メタルのくせにボーカルがパンクみたいな短髪にしやがって、
しかも、そのリフが、スタイルが、実はやたらと格好良い!

あるいはそう、よりによって、その看板ボーカリストが・・・・ 

いきなり ゲイ!! 

しかも・・・

SMハードコアってな、スーパー変態ゲイ、その美学の象徴、とかなんとか・・・

げげげげっ~! 格好良すぎ~ ❤ 怖すぎ~!

嘗て(今でもいるのか?) あの、ダウンタウンのゲイクラブにひしめいていたムキムキマッチョ。
鋲付きの革ジャンにレイバンのグラサン。
股間もっこりのピチピチ半ズボンに食い込んだすね毛そりそりのナマ足に、黒革編み上げ安全靴と白いソックス!
まさに変態、これぞ MR.VOLTZ!
という、変態の中の変態 ❤ あの格好良すぎな奴ら!
クラックすぱすぱコケインふがふがえっくすを次々と口に放り込んではがりがりがりと飲みくだし、
ひゃっほ~い、ここまで来たらこの世の中、恐いものなど一つも無い!
そんなまさに命知らずの夜遊びの鉄人・都市の藻屑の鑑!であったあのハードコアゲイの方々!

ロブ・ハルフォードはそんな超うるとらとっぽいハードコアゲイ!の人々の、
まさにシンボル的な存在になっていた、そんな人ってな強い印象があったのである(笑

そんなハードコアゲイのメタルゴッドが、いったいBABYMETALに何の用だ、と!

という訳で、改めてこのBABYMETALのAPアワード、

ジャパン、なんて国から来た、ポニーテールのチアリーダーと、
白塗りのゾンビー・コスチュームに身を包んだバックバンド
という、なんとも、いかにもちんどん屋チックな御一行。
そんな訳の判らないアイドル+メタル融合バンドと、
SMハードコア・ゲイのメタル・キングの大共演。

なんじゃそりゃ、と。

これが、面白くないわけがないだろう、と。





という訳で、いやあ、実は、会社のテレビが、例の共和党大会のばっかりで、
で、家に帰ってすぐに、おっと、とお送りいただいたリンクを参照させて頂いたのですが、

はい、満喫いたしました!

ただ・・この KARATE、このカメラ・・・いったいなに?どしろうと?
あるいは、ゲイ!(爆

つまり、すーちゃんの見せ場!ってなところに限って、すっと、カメラを外しちゃうのよ~!
つまりこれ、すーちゃんの美しさに気づかない、ってより、もろに嫉妬だと思うわよ。

ふん、何よ、この小娘、可愛くて歌上手くて格好良くて、っんもう、嫌い!ってな。

賭けても良いわよ、このカメラ、絶対に素人、の、おねえのゲイ!
自分のオトコが、女に惹かれてしまうのが怖くてしょうがない、
そういう、意地らしいおねえのおかまのおじさん!うーん、やだ、も~!

なので、はい、お怒りの方々、許してあげてください。
なんかそう考えたら、可愛いでしょ、そんなオカマの意地らしさって ❤



ちゅうわけで、いきなりぶっ飛ばされた KARATE の後、

で、で、でたあああ、ロブ・ハルフォード!!!
SMハードコアゲイの神様、というか、なんだああ、これ、ブレイキング・バッド!

としたところ、うへええ、すーちゃん、すっごく嬉しそうじゃんかよ!
まさに、弾けまくり! 
いきなし、全身から、LOVE LOVE スパーク!!

これ、面白い、まじで、面白すぎ!

こんなはしゃいだすーちゃん初めてみたぞ!!

っと、おっと、ギター?
ゆいもあがギター、似合わねえぇえ!
ぜったい音出てない、ってわかってるけど、
そのお飾りぶりがやたらとおかしい!
こいつら可愛すぎる!

で、おおお、大村選手、とツインギターのもあちゃん、あってねえって(笑
で、ゆいちゃん、どうした、なんか地味だけど、
ああ、そうか、もしかして、真面目に弾こうとしてない?
ねえ、ミキオさん、これ、どこ押さえるの?とか・・(笑

思わず、大笑い!大爆笑! 
思い切り腹を抱えて笑ってしまった!

これ、もう定番だよ、定番!

ユイ最愛と、神バンドのギターバトル!
最高!!最高すぎるぜ!!

ただ、ああ、ボーさん!
そう、ボーさんだけは、ドラムを見放さない。

そうなんだよ、
これでボーさんも前に出られちゃったら、
青神さん、
えええ、なんで俺ひとりでこんなところに座ってなくっちゃいけないの?・・・俺も行きたい!!
そう、ドラムは動けない。ドラムは、動けないんだよ~!

そんなドラマーを見捨てないボーさん!
良い人だ、この人は、本当の本当に良い人だ!
と気付いていたのは、ドラマーだけであらふ!


という訳で、ああ、これ、2016年、ワールド・ツアーの終わりの宴なんだね。
ああ、もう、帰っちゃうんだね、次にいつ来るのかな・・・

と思いながら、いやあ、そう思えば思うほど、
この大乱痴気パーティ、大成功世界ツアーの最後を飾る、最高のステージでした!



としたところ、

このカメラ、最悪でしょ?
こっちのほうがいいよ、とお送り頂いた、遠方からのファンカム。

遠望ながら、その会場の雰囲気がまるまる丸わかり。





授賞式に集まった人々、
つまりは、そう、
ステージ前の特等席を埋めた業界筋の海千山千の人々が、
BABYMETALのステージが始まるやいなや、
響き渡る KARATE の中で、ふと、足を止め、
そしてステージを振り返る。

なんだ?こいつら・・

そして、音に聞き入り、
目はいつの間にかステージに釘付け、
思わず凍りついては、持って行かれ、
口をあんぐり・・・
身体が揺れ始め、いつしか総立ち!
知らず知らずのうちに一歩二歩、とステージに手繰り寄せられ、

すっごい、このバンド・・・
凄い・・凄え・・凄すぎる!!!

ロックに産まれ、ロックに生き、ロックに全てを捧げてきた、
そんな海千山千の業界さんたちが、
思わず、度肝を抜かれて、頭真っ白・・
ついには両手を上げて大喝采!!

この遠望、まさに、BABYMETALが神様を呼びおろし!
業界の荒波に揉まれ揉まれて、
いつしか忘れ去っていたロック、
あるいは、音楽というものへの情熱を、
思わず、鷲掴みにし、頭上高々と担ぎあげては、
ステージの上から思い切り、
EVERYBODY JUMP !! 
とぶちかました、
まさに、その奇跡的映像。

その様が、まさに、如実に映しだされている訳で、
なににもまして、この業界筋さんたちのこのご反応、
まさに、茫然自失・・・開いた口がふさがらねえ、と。

これ、凄いな (笑

すーちゃん、またやってくれったああ・・・

という訳で、あろうことか、
思わず、涙がぼろぼろボロボロと・・・・

で、おおおおお!!
この遠方映像のロブ・ハルフォード!

もしかして・・・
声量で、音程で、存在感で、
す~ちゃんに、負けている・・
食われてねえかあ??!!!

すーちゃん、あろうことか、低音でもすごい安定感だね。

げえええ、まさか、世界のメタルキングを、食ってしまった、スーメタル。

振り付けなしのフリー・アクションも、元気ハツラツ、まさに、最高、これ以上なし!

おいおいおいっ!!

これはもう、世界に対する挑戦状だよ。

かかってこいや~!
このポニーテールの大親分が、世界中の大スターたち、一人残らず相手になるぜ、と!

いやあ、思わぬところで新境地開拓!

これさあ、これからの目玉でしょ?

これから先、レディ・ガガと、ガンズと、ストーンズと、AC/DCと・・・
そんな伝説の大御所たちをステージに招いては、
ポニーテールの18歳と、世界の大スターが、思い切りのガチンコ・バトル!

でもね、俺から言わせれば、すーちゃんに敵う人は、まず、い・な・い!
ただね、相手は天使だぜ!
こんなに天真爛漫の溌剌さでぶっ飛ばされたら、
思わずだれもが、かっかっか、いやあ、参った参った~!と大喜びになるのは請け合い!

コバさん、この企画行こうぜ、絶対おもしろいよ。

大丈夫、ギャラなんか払わなくたって、向こうからやってくるさ。

頼もう、たのも~! スーメタル殿、
拙者、メタル界ではちょっとは名の知れたシャウトの端くれ、
是非ともお手合わせ~、願いたい!願いた~い!

そんな気合の入ったロッカーたちの道場破り。
受けて立つぜBABYMETAL!まさに、クィーン、女王様、ご見参!

でそう、初っ端は、あの、糞ベンジー、まずはあいつを血祭りに上げてみようか~!(笑



という訳で、このAPアワードって言うの?
わざわざこんなど田舎まで呼び出しておいて、土壇場になって「賞」のおみやげはなしよ、
なんて、いかにもオカマちっくないじわるをかましてくれたわけだが、
このBABYMETALのパフォーマンス!
これを観て、これ以上のバンドがこの世にいるとは、誰も思わないだろ、と。
そんなこと、誰でも判るってよ(笑
こんなバンド、いないって。ぜったいに。
いみじくも音楽やってるやつなら、そのぐらい、すぐに判る。わからなかったら嘘!

なので、おい、AP、なんちゃら、
お前らの目は、まったくもって、ど節穴。
そんな奴から貰った賞なんて、なんの意味があるの?
ってなぐらいまで、
思い切り目の前にぶちかまされてしまった訳でさ。
こりゃ赤っ恥もいいところ、というか、なんというか、
身から出た錆というにはあまりにもお粗末なその節穴ぶり。

で、改めて言いたい。

ベビメタ・メイト、心配すんなよ!
妙なディスりにいちいち腹をたてること全然ないぜ。

俺が、そして、世界のロッカーが保証する!
判っている人、つまりは、本ちゃんのミュージシャン、ロッカー、あるいは、業界人、
音楽に全てを捧げてきた人たちが、このBABYMETALを、
まさか見誤る訳が、ない!

まあ確かに、自分自身で良い悪いの判断がつかないおバカさん、
つまりは、池沼系ステレオタイプのアフォってのはどこにでもいるけど、
大丈夫、俺が保証する。
この人たちを観て、その凄さに気づかない人は、
少なくとも業界の人では、い・な・い!

それは絶対にこれからの時代が証明してくれる、筈。

なので、そう、BABYMETALは大丈夫だ。

という訳で、ロブ・ハルフォードさん、良い思い出になりましたね。

そのうちロブさん、俺さ、このベビーメタルと、同じステージに立ったことあるんだぜ、
この曲だって、元ネタは俺の、なんだぜ~、信じてくれよ~
なんてことを、自慢するような、そんな時代がすぐにでもやってくる、と俺は勝手に思っている。

という訳で、ジューダス・プリースト・ファンの方、激しくごめんなさい。

実はお勉強のためですが、PAINKILLER だけは、いやいやながら良く聴かされていました(笑

ってな訳で、いちおー、他の曲も宣伝するから許してちょんまげ!







  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム