Loading…

鬼神・メタリカ再臨 ! ~ いまセントラル・パークでMETALLICAが凄えライブを演ってるぞ!

Posted by 高見鈴虫 on 24.2016 音楽ねた   0 comments
ツイッター的脊髄反射で恐縮なのだが、

たったいま、
ニューヨーク・セントラルパークの GCF フリーコンサートで、

メタリカ、が、とんでもないステージを、やつてる。

あのボワンボワの筈の野外ステージの音で、

糞ガキの糞ゲロのようなダンスバンドばかりの中にいきなりの降臨。

その気合と魂と、技の美、で、八万の大観衆の度肝を抜いている!

こいつら、凄いな。まさに、神業だな。

GX2 + BX1 の、ピッキングが、ビシバシに合っている!

水も漏らさぬ、とは、このことだなあ。

リフに一分の隙もないぜ。

いやあ、おろどいた。まじ。

バンドとはこういうことだろ。まさに、リズムの、リフの、締まり、これだけ、だろ。

この音の密度、ハンパじゃないな。

こいつら、ずうううううっと、練習してたんだな。
泣いているメタラーのおさんがいたぜ・笑

いやあ。メタリカ。
なんか、驚いた
ちょっとまじで痺れた。

で?

この、鬼のようなバンドが、

ベビーメタルとジョイント?

YES! YES!  YES!!!

メタリカ、最高だ。

相手に取って、不足なし。

ただ、神バンド、こいつらは、強敵、超的でござるな。

いやはや、驚いた。まじで、驚いた。

メタリカ、凄まじき!

その老いて尚、燃え上がるような姿。

まさに、鬼!鬼神そのもの!

それに、ベビーメタルが加わる、

これは、物凄いことである。

三姫 と 鬼神たち。

なにからなにまで徹底的に異なるこの個性が、
ステージで激突すれば、
これはこれは、
双方にとって、とてつもない相乗効果になる。


レッチリにはかねてから大反対であるが、
ー>あれはただのおちゃらけ糞バンドである。
彼らは、技に対する尊敬がなさすぎ。


ただ、この、メタリカ。

技の美。気合の美。

まさに、真実一路のメタル道。

魂のバンド! そのもの!

これは、ベビメタに通じる。

道を同じくして、陽と陰、花と鬼、軽と重、

絶妙のバランスである。

いやあ、観たい。メタリカと、ベビメタ、そのコラボが観たい!

メタリカ VS ベビメタ ! とんでもないことになるだろう!

これ、行こう! まじで、行こう!

まさに、三姫の鬼退治、だな(笑

メタリカ VS ベビメタ、 
考えただけでも、凄いぞ、これ。

くっそおお、ここにベビメタがいてくれれば、
こいつら、一人残らず、めったくそにぶっ飛ばせるのに!!!!

すぅちゃん、ニューヨーク来てくれ!!

世界中がベビーメタルを待ってるぞ!!!

糞ダンスバンド、見たくねえ。ゲロでそうだ。
んだこいつら。猿と売れねえトップレスダンサー、
そんなのばかりじゃねえか。

お前らには、知能とか、技、とか、技術とか、センスとか、
そういうもの、ねえのかよ。人間に対する尊厳なさ杉。
まったく、テクノロジーに踊らされてるだけ、石器時代に逆戻りだな。

と思ってたら、おおおおお、メタリカ、

すげええええ。ダンサーのガキども、スケボーの糞ガキ、大喜びしてるぜ。

ロックが帰ってくる。賭けてもいい。

もう、R&Bも、ダンスも飽和だ。

ヒップホップも、この、こってこての歌いまわしも、まじで吐き気がする。

みんなたぶん、そう思ってる。

ロック来るぞ、まじ来るぞ。

ただ、メタリカ、老いたり。

ステージでも、やはり、やたらの気合の入った、鉄人、の 老人であった。

若いロックバンド、いない!

そう、世界中が、メタリカに対抗できるクラスの、

技と、魂の、ロックバンドを求めている!

そこに、プライドを、探しているのだろう。

それこそ、まさに、ベビーメタル!だろ?

ときは満ちた。

いまこそ、ベビーメタル 三姫!

世界制覇に向けて、出陣の時!


現場レポートであつた。





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム