Loading…

涙と感動のハッピーバースディ・ユイメタル! ~ ベビーメタル・チュラ・ヴィスタ その必見奇跡映像!これ観て泣かなかったら人間じゃねえ!

Posted by 高見鈴虫 on 21.2017 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
いやはやはやのベビーメタル、
皆さん、昨日のペリス子、ご覧になられましたか?
まさに、神映像、というか、もう、ライブの醍醐味のすべて。

こちらの映像なのですが、
ー> #BABYMETAL#chulavista by SURU-METALさん、

これ凄いよ、まじで。 ファンならずとも、必見映像!

海賊映像というよりは、
まさに、疑似体験:ヴァーチャル・リアリティ。
これぞペリス子史上最高傑作!
SURU-METALさん、まさに、メイトの鑑!
ペリス子神、とお呼びさせて頂きます。

で、はい、昨日のチュラ・ヴィスタでの公演、
御覧いただけるように、もう、弾けきったベビーメタル、
そして、神バンドの面々も、絶好調も絶好調。

改めて、このステージ最前列からのドアップ映像。
その轟音の中から、弾け飛ぶ青神さまのスネアドラムと、
そして、奇跡のように響き渡る、すぅメタルの天使の美声、

まさに、コンサートの醍醐味、そのものを疑似体験。

で、この6月20日は、忘れてはならない大切な日!

はい、ユイちゃんの18歳のお誕生日!

おめでと~!!

という訳で、こちらの記念碑的な神映像となります。









コンサートのクライマックスである、KARATE、
その、煽りパートにおいて、すぅちゃんからユイちゃんへの、
いきなりの、ハッピーバースディのサプライズ。

と、その途端、あのユイちゃん、
会場中からの大歓声の中で、
その思い切りのはにかみながらの笑顔から、
まるで魔法が解けるように、
ユイメタルとしての人形のようなその姿が、
みるみると真顔、
18歳になったばかりの、可憐な少女、
水野由結、その生の姿に、戻っちゃうんだよね。

感極まって涙うるうるのユイちゃん、
そして、思わず貰い泣きでぼろぼろの最愛ちゃん。
そして、健気に表情を固めながらも、
いまにも口がわななきそうなすぅちゃん。

その姿、まさに、ベビーメタルの絆、そのもの!
いやはや、これ、もう、ソニスフィアにも勝るとも劣らない、
大感動シーン!

いやはや、これ、凄いよね。
まさに会場中が涙うるうる鼻水じゅるじゅる。

このシーンを目撃された方々、もう一生忘れない、忘れられない!

で、で、で、実は、この映像の最後の最後、

見事にKARATEを歌いきった三姫。
多分もう、その胸の内は涙でぐしゅぐしゅぐしゅの筈、

で、思わず・・・ 舞台袖に、引き上げちゃうすぅちゃん・・・!

おいおい、ユイメタルが素顔に戻って、
ついでにすぅメタルまでが、
いつものポンコツの中元すず香ちゃんにもどっちゃったぞ、と。

という訳で、巷に話題になっている、
あの、ギミチョコ前の、最愛ちゃんの背中ポンポン、のその真相。

最愛、なに笑ってんだよ、ほらほら、仕事だよ、

じゃなかった、

そう、まさにその言葉は、

最愛ちゃん、さあ、涙を拭いて!
だって、すぅちゃん、泣かせるんだもん。
あと一曲、思い切り頑張ろ!
うん!
さあ、レッツ・ゴー!

これ! これしかないだろ!





はい、そう、これだよ。 これぞ、ベビーメタル!

もう、三姫が三姫とも、感動の中で涙ぐしゅぐしゅのまま、
その、想いのすべてを込めた、このギミチョコ一発!

ねえ、みんな、わたしたち、
ベビーメタルやってて、本当の本当に良かったよね。
わたしたち、いま、本当の本当に、幸せだよね!

もしかして、神バンドの面々も、貰い泣きしていたのではないだろうか。

という訳で、どっだ、凄いだろ、これ、凄いよ。

これ、観ていて、泣かない奴は、人間じゃねえ、叩き切ってやる、だよ。

という訳で、この映像を観ただけで、
ベビーメタルには、誰ひとりとして、誰も敵わない、
その真相のすべて!

そう、こんなバンドなかったよ、こんな人達、いなかったよ。

そして、これほどまでの感動を与えてくれる人たち、
本当の本当にいなかったよな。

という訳で、ベビーメタル、まじで、本当にありがとう!

ベビーメタルを知って本当に良かった。
ベビーメタルと同じ時を生きれて、本当の本当に、良かった!

そんな感動が、全世界を愛で満たしていく。
その無常の愛が、いつか、世界を救う、
そんな奇跡を、俺達はこの目で、目撃することになるんだぜ!

遅ればせながら、ユイメタル、こと、水野由結さん、

お誕生日おめでとう。

あなたの感動が世界を包み、世界中から、おめでとう、の大合唱。

この素晴らしい時を与えてくれる貴女に、心からの感謝と尊敬を込めて、

おめでとう、そして、ありがとうの一言を、贈らせて頂きます。

LONG LIVE BABYMETAL! ベビーメタルよ、永遠に!




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム