Loading…

ベビーメタル亡国論 ~ オノヨーコと中元すず香、日本の運命を握るふたりの巫女

Posted by 高見鈴虫 on 06.2017 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
このレイバーデイのブルックリン。
まるで夢のように晴れ渡ったこの夏最後の休日。
またまた、いつもの面子が集まっては、
緑の公園でバーベキュー大会、
なんてのにお呼ばれしたのだが、

まあそう、そこでこぼれ落ちる話題の数々。

例えば、あのひのてるさんの体罰騒動ネタとか。

え?
あなたが、体罰反対論者?

はい、俺は体罰絶対反対論者、
暴力、ダメ、絶対。


えええ~、なんで?
って、別に悪い意味じゃないけど、
その為人:ひととなりからして、
すごく似合わない、っていうか、
あなたこそ、いの一番にひっぱたきそうな。

はい、その通り。
俺もそうだった。
てか、俺こそがそういう人だった。
なぜかと言えば、
俺もそれをされて育てられて
で、当然のように、
俺もそれを下に対してやっていた。
だからこそ、なんだけど、
俺は言える。
暴力は、ペイしない。
体罰は、ダメ、絶対!
なので俺は、絶対に犬を殴らない。
生まれてこの方、この犬は一度も叩かれたことがない。
でその結果が、ほら、この通り。
この犬、目の前で手をあげても、
なにそれ?なんか頂戴って、
甘えた顔して笑ってるばかり。

あら、本当だ、本当にこのこ、ニコニコ笑ってる。

ああ判った判った、はいはい。
では、おすわり、はいよく出来ました。
そう、これを見れば判るでしょ?
悪意や暴力を知らない犬には、
そもそも悪意や暴力という概念が存在しない。
つまり、躾や教育において、
体罰は悪意を植え付ける以外、
なんの意味も持ち得ない。
それは教育者の奢り、というよりは、
ただの、一時的な自己満足、
あるいは、不満解消、ただそれだけ。
それってつまりは甘え。
そう、体罰の真相は甘え。
その強要、その相互依存。
ただ、
そんな甘えの相互依存を一方的に押し付けられる側としては堪らない。
その堪らなさが溜まりに溜まって、
それをデトックス、する先は、
やはり甘えの強要の許される、
より立場の弱い方。
つまりはこの体罰容認こそがイジメの源泉。
あるいはそれは歪んだ性欲でもあって。

つまりはSM?

この体罰容認の轍を抜け出さない限り、
イジメのスパイラルからは抜け出せない。

ただ、悪さをした子を容認してたら、
ますます調子に乗ってわがまま放題にならない?

そう、そう言う犬を、スポイルド・ドッグって言うんだけど

甘やかされて手のつけられなくなっちゃったワガママ坊主。

問題犬には大きく分けてふたつの種類あって、
アビューズド・ドッグ、いじめらっ子と、
そしてスポイルド・ドッグ、我儘坊主。

でどちらの躾が大変かと言えば、
勿論スポイルド・ドッグだよね。

アビューズド・ドッグはね、
実は躾は簡単。
そこに必要なのは信頼の回復だから。
ほとんどのアビューズド・ドッグは、
愛情を望んでるから、その愛情さえ保障してやれば、
一生離れないぐらいの律儀さで、
その信頼を守り続ける。

つまり体罰教育のゴールはそれな訳ね?

そう、体罰とはつまりはアビューズ、なんだよ。

で、スポイルド・ドッグの問題はと言えば愛の飽和。なので一方的な愛情の押し付けでは信頼関係を築けない。

そう、その状態が怖くて、教育者は体罰をふるう。
それが体罰教育の原因でしょ?

で、スポイルド・ドッグのトレーニングはどうするか、と言うと

どうするの?

同一目線。

何それ、犬と同レベルに落とし込むってこと?

スポイルド・ドッグの問題は甘えだから。
飼い主からの甘えにうんざりしてはそれに胡座をかいて尚一層甘えてる、ただそれだけ。

やっぱり甘えなんだね。

そう、すべての原因は甘え、その依存の強要なんだよ。

で?

で、スポイルド・ドッグには甘えを許さない同一レベルでの社会性を学ばせる。

つまり?

つまりは犬同士の社会性。
ぶっちゃけ自分よりも強い犬を前にしたら、
コロリと我儘が治っちゃう。
ただ、飼い主を前にするとまた甘え出すんだけどさ。

それはつまり?

それはつまり、飼い主との関係が互いに甘えの押し付け合いでしかないから。

どうすれば良いの?

簡単だよ。飼い主が甘えなければ良い、それだけ。

飼い主が犬に甘えてるのか・・・

そう、親が子に甘える、上が下に躾や体罰に名を借りた甘えを強要する、その相互依存が全ての元凶。

その甘えの元凶ってなんなの?

個の確立、或いは自律心。
ぶっちゃけ一人で生きられないってこと。
つまり、飼い主を見ればその犬が、
犬を見れば飼い主が判る、と。
自堕落な甘えた面をした奴の犬は必ずスポイルド・ドッグ。
で臆病者の強がり風情の犬は大抵がアビューズド。
全ての元凶は人間に在りき、なんだよ。

と言う訳で、俺は体罰絶対反対論者。
体罰、ダメ、絶対。
つまりは、甘えの強要はイジメの元凶、と。

ただ、大人の基本とは甘えないこと、だからさ。
なので、俺は犬を殴る甘えた野郎は絶対に許さない。
犬を叩いた奴は、この俺が、きっちり倍返しの落とし前。それが同一目線の躾と言う奴。

つまりは犬同士の社会性と。

そう、それが俺のポリシー。
犬は、子供は、神からの預かりもの、つまりは人類の宝もの。
絶対に手をあげてはいけない。
そんな事を思ってさえいけない。
その掟を破ったら、
その時にはお天道様に代わって、
この俺がきっちりと成敗仕る。
それは大人として、犬同士としてのけじめ。
大人同士である以上、その時には手加減はしない、と。

相変わらず無茶苦茶な理屈だけど、
なんかあんたらしいというかなんと言うか。

そう、俺はほら、ジョンレノンだからな。

ジョンレノン?

そう、ジョンレノン、
世界一のDV男でありながら、
世界一の平和主義者。

矛盾の塊というか。

その矛盾と葛藤の中に、真理があるんだよ、と。

まあ相変わらずというかなんというか。

暴力は絶対にペイしない。暴力、ダメ、絶対!

忌の際までラブ&ピース、
邪魔する奴はぶっ殺す、と。




でもさ、と予想通り飛び出る、不穏な言葉・・

でもほら、例えばほら、そう言う理屈の全然通じないすっごい基地外みたいなひとから、
とんでもない恫喝を受けた時、
その敵を愛して、恫喝を辞めてもらうなんて、
実際、できることなのかな、とか。

世の基地外、恫喝?

そう、あの、喜多の花火の・・・

そう、海外に暮らす日本人、いまなにが気がかりかと言って、
我が麗しの母国がニワカに巻き込まれた、この降って湧いたような危機状態。

普段からは、戦い、なんて言葉からからは、徹底的に縁のない筈の、
このグローバルサイズのヒッピー上がりたちの口から、

愛だ平和だ、なんて、そんな絵空事、
この緊急事態を前にしては、そんなことを言っている、場合じゃ、ないのよ、

なんていう、勇ましい発言さえも転がり出る訳で。

つまりは、この喜多挑戦の花火合戦、
実際に、あの恫喝に、我らが母国を人質に捕られては、

いったいこんな時に、どの面を下げて、愛だ平和だ、なんてことが言えるのか?と。

んだよ、こいつら、この喜多の恫喝を前に、
いきなりネトネトに感化されたのか、と。

という訳で、このうららかな日差しに包まれた、
緑の芝生の公園の片隅で、
酔いにまかせた日本人たちが、
口角泡を飛ばしての大論争、
なんていうしょうもない自体に発展してしまったり、と・・・





あのなあ、ばか言っちゃいけない、
これ、すべてがすべて、完全な出来レース。
だってさ、寅んぷと、ぷ~珍が、ズブズブだってのは、
かのロシ庵ゲートを例に上げるまでもなく、

で、例のフランス大統領選挙にしたって、
移民排斥のフェイクニュースの出処が、
すべて炉助のフェイクだったってのは、
もはや世界の常識。

で、で、で、
あの、ブレキジットにしたって、
で、この寅んぷショックにしたって、
それを焚き付けて拡散させてたのは、
敗けどニアなんてところの、チンピラたちが、
小銭稼ぎのフェイク・サイト、
それさえも知らない池沼たちがまんまと担がれただけだって、
いまじゃ、世界中、子供だって知ってることなんだぜ。

で、この、ネトネトの連中にしたって、
痔民等ネット交錯陰なんてやつらが、
せっせせっせと、小遣い稼ぎのフェイク愛国プロパガンダ。
あるいは、いじめられっこがいじめっこにやられたそのすべてを、
同じ方法で倍返しにしようとする、その悪あがき、その詭弁。

あんなやぶ蚊のような連中のでっち上げたイジメの煙幕に、
なにが悲しくて自ら率先して騙されなくっちゃいけない、
そんな理由があるんだよ、と。

あのね、と俄ネトねとの元ヒッピーたち。

あのね、現実というのは、いま実際に、
あの、喜多挑戦から、いまにも、ミサイルが・・

だから、と思わず。

だから、だったらその目的はなんなんだよ。

いまさらそんな、喜多の美波の、なんてのが、
わざわざ日本なんていうガラパゴスに花火をぶち込んで、
いったい誰が得をする訳、と。
そんなことを、どこの誰が、なにを目的にして、やってるのか、
まずはその動機を、目的を探ることが、一番大切なんじゃね、と。

つまりは、んなことをやって、誰が得をするのか、って考えたら・・・

考えたら?

つまり、その目的は、と考えたら?・・・

つまりなんていうか、それって、結局・・・

そう、世界で立ち昇る、ドンパチの黒煙、
そのすべてが、実は、銭。

そう、銭。マニー。おかね。

で、つまりは、そう、喜多の花火、
あれに対抗するための、芸劇するための・・

スカトロ・ミサイル?

そうそう、それそれ、あのスカトロ・ミサイル。

例の、湾岸戦争時に鳴り物入りで喧伝されながら、
あれ、実はね・・ ぷぷぷぷ、あれ、ぜんぜん役に立たなくてさ、、
と世界中から笑われ続けた、あの、時代物の産物。

あの粗大ごみを売り払ってはあぶく銭を稼ぎたいどこぞの方々と、
帳面上はそれの購入ってことにして、きちしよーりょーやらの、
戦後レジームの闇帳簿を一挙に帳消しにしたい、甲斐犬馬鹿と、
その甲斐犬馬鹿の尻に火が着いた闇帳簿づくりのゴタゴタも、
これで一挙に御解消仕りたい、そんな、
ごく、個人的な事情を抱えたどこぞの国のとっちゃん小僧。

で、いまや、完全に世界から取り残されたどこぞの赤井定刻再興彼岸のスパイ崩れと、
世界が滅茶苦茶になればなるほど金が儲かる、遅れてきた田舎っぺ大将。

そのすべての思惑が、この花火大会の協賛、ってことになる訳でさ。

つまりは?

つまりはそう、真田虫から、或怪田から、愛死すから、
それがあまりにも見え透いていては、すっかりばればれと、なった途端に、
つまりは虫頭の石油が暴落して銭にならなくなったんで、
したら次はこの木偶人形、喜多の刈り上げ坊や、こいつを焚き付けて飯の種にして、
で、今回のスポンサーってのが、つまりは、あの、いなかっぺ大将とスパイ上がりと、
んで、頭の中、いまだに完全に昭和のまんまのあの人達、
そういう、時代遅れな方々による時代遅れな茶番劇場、

ってことは?

ってことは、んなところにわざわざ首を突っ込まなければ、
ただただ鼻で笑って終わり、であった筈のこの花火大会、
それにどこぞのとっちゃん小僧が、
ネギ背負ってかけつけちまったが為に引きずり込まれた、
ただの出来レース、ってだけの話じゃねえのか、と。

よくあるよね、下手に英語喋れます、なんてのに限って騙される。

そうそう、あれあれ、よくあるあれ。

あんなあ、考えても見ろよ、
この時代、世界中がまさに、筒抜け、なんだぜ。
こないだの花火にしたって、
監視モニターの前にスポンサーさん総出で朝から陣取ってた、
っていうじゃねえか。
つまり、なにもかもが、筒抜け、なんだよ、筒抜け。

つまり、予定通りってこと?

ただ、そう、ただ、なんだけどさ、

あのパール・ハーバーでの奇襲攻撃、新高山登れが、
実は事前に、すべて、筒抜けの筒抜け、
でありながら、わざとそれを見過ごしたことにしては、
それを宣伝:プロパガンダにしては、議会の反対を押し切った、
そういう事実があったってのは、いまや世界の常識だわな。

で、あれを、また、やろうとしている、としたら、

もしかしたら、誰かが真珠湾の役を押し付けられることになる、と。

それが、グアム?あるいは、まさか・・北海道?。。おいおい・・

だから、あの寅んぷにしたって、んで、どこぞのとっちゃんにしたって、
で、スパイ崩れから、で、今回の主役たる刈り上げ坊やにしたって、
誰もがみんな、てめえの尻に火が着いている、その「個人的な事情」

その個人的な事情を、死の商人たちが寄ってたかって飯の種にしよう、
っていう算段だとしたら・・

つまりは、現在のこの、そんなことを言ってる場合じゃない、ってのは、
つまりは、そんなこと、その程度のこと、である筈なんだが、

なんだが?

なんだが、つまりは、そこで、その個人的な事情の方々の、
オツムのタガの緩み具合が半端じゃないってところが未知数な訳でさ。

で、実は俺の一番の懸念ってのが、
今回の唐揚げ坊や、あれがぶち上げている大型花火、
あれ、なんの為にやってるかって言ったら、ぶっちゃけ、プレゼンだろ、と。

プレゼン?

そう、あの子、あれを世界中に売りつけようって肚なんだろ?

売りつける?

そう、あの基地外国家、あんな国とおつきあいのある国なんてのが、
この世の中にいるものか、と思っているのは、実は俺たちだけ。
あんな国、と言いながら、実は世界の殆どの国が、
実はあの基地外国家とすら、正式な国交を結んでたりもする訳で。

つまり、あの、尻穴に左輪売っぱらったりやら、
そう、世界中のまつろわぬ人々に、
いざ虐げられた人民よ、いま立ち上がらん、
とばかりに、ほいほいと戦略核を売り払ってしまおうと、
まあそんな算段のための、プレゼンじゃねえか、と。

また世界中が核兵器を持つことになるの?

それも、あの唐揚げ坊やと同じぐらいに頭の跳ねたアフォどもが、
世界を木っ端微塵にする大型花火を格安で手に入れたら、
それこそ世界中で花火大会。

いったい誰がそんなことを望んでいるの?

いま金が儲かれば後は野となれ、と思っている、短絡的な人。
あるいは、いま、尻に火がついては、そうでもしなかったら、
いままでの悪巧みがばればれにばれて人民裁判で吊し上げにされると、
心底びびっている、そういう、個人的な事情を抱えた人たち。

個人的な事情?

そう、政治家と言えども個人だからさ。
特に、個人のこと以外はなにも考えられない、
そういうケツの穴の小さい教養に欠けるお坊ちゃまくん連中、
その集合体というか。

まさか・・

まさかって、いま起こってることがそのもの、だろうが。

どうしてそれを止められないの?

まあそう、世界中で花火大会が巻き起こったって、
死ぬやつは死ぬけど、どうせ貧乏な奴らだろ、
俺達はまあ、大丈夫、かな?とか思ってるんじゃないの?

まさか

だって、そういう俺たちだってそうだろ?
喜多の美波のとか言いながら、誰もそんなことが起きるなんて、
実際には考えてないわけで。

まあその時にはその時、とか。

そう、そんな感じ、でしかないんだよね。

つまり誰も、後先のことなんか、これっぽっちも考えてないんだよ。
でちょっと金持っている連中だけが、
殺らねば殺られる、食わねば食われる、のパニックの中で、
無闇矢鱈と花火を打ち上げては、なんて騒ぎ初めて、
ただそんな連中が、この世界を牛耳ってる、っていう訳でさ。

で、日本は大丈夫なの?

だから、それに乗らなければよかった、
いままでは、それに乗らないように、気をつけて気をつけて、
英語はしゃべれませーんと、木偶を装っていた、その筈だったんだが、
あの、未曾有のスーパートンチキが、
アメリカ議会での演説、なんてのの引き換えに、
このお土産を背負い込まされた、と、それが理由なんじゃないのかな、と。

OMGだね。ただ・・確かに政治家をお調子に乗らせて、ろくなことになった試しがない。

そう、ただ、これもいまに始まったことじゃないでしょ。
世の戦争という戦争がそんな感じ。
どこぞのトッチャン小僧の功名心の保身の、
で、それにかこつけた死の商人たちの売り込み合戦と、
で、そのわりを食うのがいつも決まってそういうのから一番関係ない人たち。
つまりはいちばん、かわいそうがられる人々。

つまり同じシナリオ。

そう、相も変わらずみんな同じシナリオ。

それを止めることはできないの?

それを本気で止めようとしたのが、ジョンとヨーコ。

ジョンとヨーコ?なによそれ、いきなり。

そう、ジョンとヨーコ。
いままで世界中で誰ひとりとして、
それを本気で止めようとはしなかった、できなかった。
そのタブーに挑んだ人々。
で、
いま日本の運命は、オノヨーコにかかっている、と。

そう、日本がいま出来ることは、
少なくとも骨董品の出来損ないのスカトロなんてのに、
云兆円なんて金を払わされては、
右の頬を殴られたら、左の拳で倍返し、
なんてことではなく、
そういう世界で、いくらぐるぐる回っていても、
結局は身ぐるみ剥がれてすっぽんぽんが良いところ。

いま出来ることは、オノヨーコだよ。

オノヨーコ?

そう、オノヨーコを担ぎ出して、世界中の人権団体に連絡を取って、
で、世界中の人権団体の人たちを日本にご招待、
そこに、世界人類のシールドを作る。

人質にするってこと?それじゃまるで、伊豆のキブツ・・

そう、伊豆のキブツ。まわり中を敵に囲まれた時にはあの方法しかない。

オリンピックまで待てないよね。
いまこの時にも、次から次へと日本で世界的なイベントをでっち上げては、
世界中からの人々を呼び寄せる。

そこを狙われたりしないかな?

いまこんな時だからこそ、それをアピールすることに意義がある。

広島でそれができないかな、と思ってるだけど・・

広島?

そう、広島を再び反核運動の聖地にする。

広島ってまさか・・・

そう、ベビーメタル。

広島で、一大ロックコンサートを主催して、そのホストが、ベビーメタル。

それを、ずっとやる。やり続ける。日本中で、北海道から九州から沖縄まで、
日本中で、世界平和の祭典のロックコンサートをやってやってやり続ける。

そんなことしたら、日本中がヒッピー部落になっちゃうじゃないの。

そう、日本中をヒッピー部落にする。
あのバリ島やら、ポカラやら、ゴアやら、マダガスカルやら、
そう、俺達が昔やってたみたく。
日本の一般家庭を宿泊所に提供して、ホームステイ。
あるいは、幽霊公団住宅をコアハウスにして学校を作る。
そうやって世界中からの人々を呼び寄せては、
日本中をツーリスト・ゲットー、
あるいは、日本そのものを、世界平和を学ぶための大学寮にしてしまう。
で、そんな世界のヒッピーたちで人民シールドを作る。
日本だったらそれが可能。
だって、これだけ世界中の人々から愛されてるんだぜ。
そんな国、他にないよ。まじ、日本だったらできる。
日本以外にはできない。

誰がそんなお金出すの?

それを、オノヨーコに聞いてみろ、と。
そんなノウハウやらコネクションを持っているのは、
オノヨーコさんしかいないんだからさ。

ジョンとヨーコの魂を引き継ぐのは、日本だよ、日本。

イマジンを、日本の国歌にすれば良いのである、と。

バカバカしい。

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one


既にジョンレノンがそう歌っている。

で、そのホストが、ベビーメタル?

そう、ラブ・ラブ可愛い、ベビーメタル、DEATH。

で、そのコンセプトを立ち上げた時点で、
賭けても良い、
レッチリが、メタリカが、ガンズが、コーンが、
そう、あのベビーメタルが培ってきて人脈が、
世界中から馳せ参じる筈、絶対、賭けても良い。

ベビーメタルか・・

そう、ベビーメタルだったらそれが出来る。

ってか、ベビーメタルにしかそれはできない。

なんか、あんた、相変わらず、というか・・

体罰は、暴力は、絶対にペイしない。
その悪の轍を抜ける方法は、ラブ&ピース以外にはないんだよ。

そんなことしてたら、いきなり身ぐるみ剥がれそうだけど。

剥がれても尚、ラブ&ピース、それも徹底的に過激にやり続けるしか、
その剥がされる過程を、世界中に向けてブロードキャストする以外、
もう方法はない、と思う。

日本中で公開ベッドイン、とかね。

それもまた方法かもしれないな。
日本が世界に誇れる財産なんて、
もしかしたら、女の子、ぐらいしかないかもしれないしな。

ただ、だからこそ、いまこんな時代だからこそ、
日本中が知恵を絞るべきなんだよ。
日本という国が、この世に存在しなくてはいけないその理由って奴をさ。

例えばハイテク、例えばゲーム、例えばアニメ、例えば寿司天ぷら、
例えばオノヨーコ、例えば、女の子、
そして、例えば、ベビーメタル。

日本の総力を結集して、日本という国が、あるいは、日本人という人々が、
世界に対してなにができるのか、それを、積極的に示すべき、そういう時期なんだと思う。

で、その示せるものっていったいなんなの?

頭脳と、伝統、そして、平和共存の思想だろ、
あるいは、LOVELOVEと、そして、KAWAII、の美学。
それ以外には、俺達にはなにもない。
ただ俺たちには、汝の敵を愛する、その共存の魂がある。
そう、あの杉山愛さんのあの姿。
あれこそが、戦いの中に愛を、のその根本思想。

それが、世界中で蛮行を繰り返してきた、糞パンクロッカーの至った回答?

そう、糞パンクロッカーだからこそ至ることのできた回答。

体罰、ダメ、絶対!
暴力、ダメ、絶対!
戦争、ダメ、絶対!

俺はそれを、ロックから学んだんだよ。

それで、オノヨーコ、それで、ベビーメタル。

そう、オノヨーコとベビーメタル。
日本が世界に誇れるのは、世界の関心を集められるのは、
もう、このひとたちしかいない。

ただ、俺達にはオノヨーコが居る、ベビーメタルが居る。

最終兵器、ベビーメタル。

ベビーメタル亡国論ってところかな。



というところで、くだらない酔っぱらいの戯言であった。

大人のふりをして鼻で笑うのも良い。
どこぞのWEBのフェイクニュースの受け売りで、
またドヤ顔さらして罵倒するのも良い。

だが、そう、今一度、思い出してくれ、イマジン、の歌詞を。

右も左も東も西も上も下もない、イマジンの世界。

この際限なく続く戦争の歴史の中で、
もうほとんどの人々が、人間というもの諦め始めている、
そんな時だからこそ、

黄金のガラパゴス:ジパングにおいて、ユートピアを作る、
それが可能なんじゃねえのか、と。

俺は本気でそう思っている、とぶっこいた時、
ニューヨークの空から、さわさわと秋風が吹き抜けていったのであつた。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム