Loading…

ベビーメタルの秋風感!? ~ 超絶な綱渡りとガチンコ勝負こそがベビーメタルの宿命なり

Posted by 高見鈴虫 on 13.2017 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
とう言うわけで、USOPENも終わり、
ニューヨーク・シティは秋風の街角。
見渡す限りの青空、
まるで宇宙まで飛び抜けてしまうような、
それはそれは見事な、もはや完璧とまで言える程に、
晴れに晴れ渡ったこの秋晴れの下、
先日までのUSOPENの熱狂の余韻に浸りつつ、
ようやくテニスコート、あの四角いジャングルの中から、
地上の俗世間に意識が舞い戻ってきた、
そんな長文乙なのでござる。

で、久々に我が糞ブロクのコメント、
なんてのに目をやって見れば、

いきなり飛び込んできたこの衝撃的なご発言。

なんかオレ、ベビーメタル、飽きてきたみたい。

飽きた? ベビーメタルに飽きた?

なんとなく、それって、すげええ、
とニワカに驚愕ぶっこいてしまうこの長文乙。

飽きるほどまでベビーメタルを観れたなんて、
それって、すっげええことなんじゃね?と。

まあそう、その頂いたコメント、
相変わらずの字数制限なんてものに阻まれてか、
その詳細は謎に包まれたまま、ではあるものの、
今夏のあの小箱の連戦の中で、
ふと感じた、ベビーメタルへの秋風感、
それをご正直にお伝え頂いた、
という訳であるのだろうが、
わたし、ベビーメタルに飽きました、
そのあまりにも真正直な、
神をも恐れぬ心情吐露を前に、
思わぬ恐慌状態。
そそそんなことをお口に出されては、
祟りが、祟りが、祟りが!!
と思わずお狐様の祭壇にひれ伏したくなる、
そんな驚愕を以って、このお言葉、
承った限りでござります。







でさ、改めてこの僻地在住者から言わせて貰えば、
飽きるほどまでにベビーメタルを観れたってのは、
それはそれで、凄く、とてつもなく、幸せなこと。
羨ましい限り。

でもまあ、それほど、飽きるほどまでにベビーメタルを観れた、
見続けることができた、そんな天国的なご経験の中にあってのそのお言葉。

まあね、確かに、
どんなに最上級の寿司、であっても、
あるいはそれが、極上の天丼カツ丼、
あるいは特上のうな重であったとしても、
そればかりずっと食べ続けていれば、
たしかにいつか、飽きも来るだろう。

そして改めて、失礼を承知で言わせて頂ければ、
それならば果たして、汝はこれまで、
ベビーメタルの何を見ていたのか、と。

実は小箱連戦中、
かの某掲示板に並んだベビーメタルへの中傷の数々、
その真相を確かめるべく、
無理におねだりしてはお送り頂いた海賊音源、
でその音源を聴く限り、ベビーメタルのクオリティ、
全然落ちていない、弛んでさえもいない。
その音、まさに、完璧、完璧なまでの絶好調。

果たして一体、このステージを前にして、
なにを指して、飽きた、などというご感想をお持ちになられるのか?
とは改めて思いながらも、
そこで、一つ、思い当たるものとしては、

ベビーメタル、もしかして、
あまりにも完璧になりすぎてしまったのではないだろうか、
という懸念、なのである。

つまりはそう、完璧の上に完璧を積み上げは、
絶対的なまでの安定感。
それはつまりは、ミュージシャンの誰もが目指す、
強いて言えば、あがり、の状態でもあるのだろうが、
そのあまりの完璧さ、そのあまりの安定感の中に、
そして、それが遂には、飽和に達してしまった、
あるいは、その予感、
つまりは、頭打ち感とやらを、
お感じになられた、ということなのであろうか、と。



そう、我らがベビーメタルちゃん、
嘗ては、まさにメタル+アイドル、
超絶なスラッシュメタルの中にあどけなくも歌い踊る三姫の姿、
その危ないロリータ性、あるいは背徳性、
そんなギラギラとした危なさこそがベビーメタルの魅力の随一。
ただ、そんなかわゆいかわゆい、それはそれは玉のようにお美しかった、
あのお人形さんのようなお嬢様たちが、
いつしか、胸も膨らみ毛も生えた、
そんな青いなんちゃら、の自然の摂理、
その成長の過程の中で、なんかそう、あの可愛さ、
つまりはぶっちゃけ、ロリ的な魅力が薄れてきては、
大人になったベビーメタル、
おしりも大きくなりましたでは、なんとなく魅力なし、
というのであれば、
あんた、それ、ロリコン、つまりは変態乙。
顔を洗って人生やり直しなさい、の一言で済んでしまう、
ただそれだけの話、ではあるのだが、
確かにあの、ユイモアがまだまだお嬢ちゃま風情、
そして見る度に成長を続ける、その躍動感の中にあっては、
明日は今日よりも確実に成長する、その必然を信じて来れた、
それを認めないわけにはいかない。
そして、生物としての必然の中で、
あどけない顔をしたあの小便垂れのじょんじょんが、
いつしか、青いなんちゃら、そして、そこから、
まさに、蝶となって飛びだつ、その過程の中で、
確かにそう、あの、成長期の中にあって、
成長期の少女、その危なっかしさ、
そこに、ある種のスリル、あるいは、未知数を見ていた、
その超絶的なテンションの中で、
いつしかそれが、遂には絶対的な完璧のレベルに達してしまったが為に、
THE THRILL IS GONE、
そんな思いがあるのも判らないではない。







でさ、あの、はい、俺、実は、正直に言わせて頂ければ、
俺はあの、ぶっちゃけた話、
ベビーメタルの映像って、実はあまり、観ていないだよね。

ぶっちゃけ俺は、音の人。
音を聴くばかりで、その映像は実は、
あまり観ていなかったところがある。

そう、俺ってさ、実に実に音の人で、
その音色、あるいは、その音に刻まれた微妙な変化、
あるいは印象の中で、物の善し悪しを推し量る、
そういうところが、凄くある人。

でそう、今更ながらに告白させて頂ければ、
俺をここまで駆り立ててきたベビーメタル、
その魅力のまず一番に上げられるのは、
見た目の美しさでも、踊りの素晴らしさでもなく、
まさに、そう、音。
その音色の、音触の、音感の、
その演奏から、ノリから、
そしてなにより、あの生声一発の天才歌手:中元すず香、
その、微妙な微妙な声色の変化、
その全てを聞き取ろう、感じ取ろうとしていた、
その過程にあった訳でさ。

そして嘗ての社畜時代、
あの辛く長い通勤途中、
そして、あの正直なところ、
日々徒労感ばかりに苛まれていたあのどら猫屋敷、
思わず、眠気覚ましにぶち込むベビーメタルの気付け薬。
あれ一発で身体中にアドレナリンが迸り、
うっしゃあ、この糞仕事、さっさと終わらせたろか、と、
日々の活力の糧になっていた、そんなベビーメタル。

ただ、そうだね、そう言えば、
ここ最近、というか、ぶっちゃけ、失業してからというもの、
身も心もすっかりとUNPLUGGED。
この弛緩した日常の中で、
どういう訳かベビーメタル、聴く機会が減った、
そんな気もする今日このごろ。

つまりはさ、ベビーメタル、
ぶっちゃけ、テンション系ミュージック、
それも、テンション系の極み、
その超絶アップグレード版であった訳で、
バリ島のガムラン、あるいは、
キューバのサンテリア:ブードゥと並んで、
神憑り、神降ろし現象をも創出した、
まさにテンション系の極みの極み。

で、そう、この晴れ渡った秋空の下、
テニスも終わり、仕事に追われることもなく、
別に急いでやらねばならぬ、
そんなプレッシャーの全てから開放されてしまった今、
そうだね、なんとなく、あのベビーメタルのゴリゴリがちがちの音、
特に聴きたいとは思わない、不思議とそんな気がしてこない、
この妙なまでの欠落感、空虚感。

で、ちなみにそんな俺が、
いまいったいどんな脳内音楽の中に浸っているかと言えば、
実は実は、それ、ベビーメタルのまさに対極、
実は、あの、BEGIN AGEIN~はじまりの歌、
あの中に謳われた、カレッジ・ポップス、
あの映画を見て以来、
実はあの旋律がずっとずっと流れ続けている訳で。

いにしえの学生時代、
大学の中庭のカフェテラスのテーブルの
あの陽だまりの中に流れていた、
妙にハイパーで、妙にセンチで、
そしてどことなくナイーブな知性に満ち満ちた、
あの、軽くてハッピーな、アコースティック・ロックのメロディ。

そう、この失業中の宙ぶらりんの中で、
俺は妙なほんわか気分に包まれたまま、
これぞまさにUNPLUGGED気分。
そんな緩んだムードの中で、
夏を、そして、秋を、
やり過ごそうとしているのである。








で改めて、ベビーメタル、
武道館を経て、世界武者修行に出てからというもの、
そのアイドル性からの脱皮、
まさに、ゴリゴリのガチガチ、極限的なまでに、
そのメタル性、あるいは、ロック性を突き詰めて来たのであるが、
そのガチ系ロック、その完成形であるところの現在のベビーメタルの姿。

このベビーメタルの出現を前に、
遂にロックという音楽がその完成形を観た、
つまりはこのベビーメタルこそが、
ロックの完成形、あるいは、上がり、つまりはゴール、
そして、押しも押されもせぬ、ロック史上の最高峰。

幾万の観客がその超絶な吸引力の中に、
吸われて掬われて揉まれて揉みくちゃにされては、
人生のすべてがベビーメタル。
24時間、いついかなる時にも、
ベビーメタルが脳内に響き渡っている、
まさに、ベビーメタルに始まってベビーメタルに終わる、
そんな憑依的日々を過ごして来ながら、
それがなんとしたことか、
いまとなっていきなり訪れた
この穴に落ちたような静寂。

それはまさに、ベビーメタル的サウンドへの秋空感。
その、あまりの完璧さの中で、
ある種の頭打ち感、あるいはそう、言ってみれば、飽き、
あるいは、ちょっとした、疲れ、を感じる、
つまりはそういうことなのであろうか。

で、そう言えば、そう、ベビーメタルを知って間もないころ、
もうこれ以上の音楽はない、これ以外の音楽は必要ない、とばかりに、
今まで温存してきたCDコレクション、その全てを捨ててしまえ、
とまで思っていたこの俺が、そして今になって、
いきなり、あれ、クランベリーズ、どこに行ったかな、やら、
そう言えば、秋といえばEVERYTHING BUT THE GIRL、
あるいは、こともあろうに、ビートルズ、なんてものさえ聴き始め・・・





あれあれ、ベビーメタル以外の音楽、もうなにも要らない、
そんな筈じゃなかったっけかな、と。

ただね、これは、ベビーメタルのクオリティが落ちてきた、
あるいは、今年、2017年という年が、
ベビーメタルにとって一つの中弛み、
あるいは、足踏みであった、というつもりは毛頭ない。

初っ端の、メタリカ、そしてガンズとのジョイントを皮切りに、
レッチリとの怒涛の米国東部ツアーから、
そしてハリウッド・パラディアムでの歴史的公演、
それに続く、コーンとの米国西部ツアーから、
そして、狐祭り、そして、あの、ついにここまで来ました、
あの、サマソニにおける堂々の勝利宣言。

でまあ、俺の予想としては、その頂点の頂点、
ベビーメタルのその行き着く先のひとつのゴールとしては、
まさに、ニューヨークのロックの殿堂、
あの、マディソン・スクエア・ガーデンにおける単独公演、
それを二日間、あるいは、三日間、あるいは一週間を完売!
それで締めくくるおつもりであろう、とは踏んでいるのだがだが、

でまあ、この、飽きてきたかも、そのご発言、
その意味するところ、としては、
ベビーメタルそのもの、というよりは、その運営方針。

その、世界の頂点に向けての、明確な指針が、
いまだに、表明されていない、それに対する一種の苛立ち、
あるいは、観たいのに見れない、
その飢餓商法的な放置プレーに晒され続けては、
恋い焦がれる気持ちがついには燃え尽き状態、
もう、いいよ、と諦めた途端、
ふと訪れたこの得も言えぬ開放感、その浮遊感、
なんか、ベビーメタルを諦めたら、生きるのがとても楽になった、
なんていう状態にあるのでは、
なんてことを思っているのだが、いかがでござろうか、と。









でまあ、そんなことをつらつらと思いながらも、
でそう、もしももしも、冒頭のご発言、
ベビーメタルに対して、飽き、
あるいは、疲れ、が感じられているのだとしたら、
そしてそれが、もしかして、
昨年の東京ドームにおいて既に頂点を観た、と感じられた方々、
或いは、今夏のあのサマソニのステージ、ついにここまで来た、
その中にあって、ついにベビーメタル、頂点を極めては、飽和を見た、
そうお感じになられている方が多い、というのであれば、
はい、改めて、それこそが正念場、
つまりは、この、頭打ち感を、いかにして打破するか、という、
大きな大きな課題にぶち当たる訳である。

そしてこの、俄な達成感、如いては、後にやって来るであろう、
頭打ち感、あるいは、煮詰まり感という課題を前にして、

飽きた?あ、っそう、だったらちょっと趣向を変えて、
何ていう風に、

妙な舞台演出を取り入れてみたり、
曲のアレンジを変えてみたり、
果ては、幕間で衣装を変えてみたり、

そんな趣向替えも確かに楽しいのであろうが、
ただ、そう、俺はベビーメタルに、
そんなチャチなはったりはあまり期待してはいない。

ベビーメタル、この俄な秋風感の中にあって、
いま一番求めている物、
その最もたる突破口こそは、
言わずと知れた、新譜、あるいは、新曲の発表。

そう、思い出して欲しい。

昨年の小箱における、いきなりのシンコペーション、その衝撃。
そして東京ドームの晴れ舞台、そのクライマックスにおける、
TALES OF THE DESTINIESの一大博打。

そして、今年、あのハリウッド・パラディアムのアンコールにおいて、
いきなりぶちまけた、あの、FROM DUSK TILL DAWN。

その新曲の発表、その度肝を抜く発表の仕方に、
今更ながら、果たして何故に、ベビーメタル、
これほどまでのリスクを負うのか、と首を傾げていたものだが、

その理由はと言えば、はい、スリル、
自らを絶体絶命の危機状態に追い込んでは、
その緊迫感、緊張感、その超絶な綱渡り、
この、スリル、こそが、ベビーメタルの魅力、
その随一に上げられるもの。

とそして、今回のこの小箱連戦、
そこに聞かれてた、ちょっと飽きた、
それこそが、その絶対的な完璧さ、
そのあまりの安定感における、
ある種の欲求不満状態、であるのなら、
つまりはベビーメタル・メイト、
これまでのあのあまりに壮絶な綱渡りの歴史の中で、
いつしかそれが癖になってしまっては感覚が完全に麻痺、
そんなスリルが無ければ、ベビーメタルを楽しめない、
そこまでメイト達の頭をぶっ飛ばしてしまった、
これまでの、度々にわたる、超絶なガチンコ勝負の数々。

そう、そうなんだよ、そうでしょ?
ベビーメタルを追いかけて、そのライブのごとに、
まさに、唇を噛んでは髪を掻きむしり、
あの、ペリスコ映像を追い続ける時の、
あのあまりの緊張感。

そう、メイトの諸君、我々はどうも、
このベビーメタルという麻薬、
そのあまりの強烈さに、完全に頭がぶっ飛んでいる、
そのようなのである。



という訳で、先に控えた、玉蟻、
そして、大阪城ホールでの大箱連戦。

あれにおいては、この上記の新曲、
シンコペーションが、TOTDが、
そして、FDTDが、
眩いばかりの閃光の中に晴れ晴れとご披露される、
それを予感している訳であるのだが、

で改めて、来たる大箱におけるこの新曲ご披露、
その究極の綱渡りを前にして、
いったいそのクオリティを、
どこまで保つ、あるいは跳ね上げることができるのか。

改めてこの三曲、
まさに、ベビーメタルのレパートリーの中では、
一種の変わり種。
ただ、その変種の中に、今後のベビーメタル、
その方向が占われる訳で、
でその成果を、それに連れた方向性をどう図るのか、
と言えば、勿論それは、客の受け、それに勝るものはなし。

つまりは、この先の大箱で披露されるであろう、
この三曲への反応次第で、
ベビーメタルの今後の姿勢が決定されていくのではあるまいか。



という訳で、なに?ベビーメタルに飽きた?

馬鹿を言うんじゃねえ!

で、最後の最後に、これでも食らえの三連発!

初っ端は、シンコペーション、
この超絶なリフの中に、日本歌謡曲の伝統のメロディを重ねた、
まさに名曲の中の名曲。
このメタル+歌謡曲という路線がまず一つ。






そして、TALES OF THE DESTINIES、
この一種アヴァンギャルドとも思わせる、
超絶な変速ビートの錐揉み組曲、






そして、FROM DUSK TILL DAWN
あの幻想的、あるいは魔術的なまでの陶酔性、






果たして、このジャンルのまったく違う三曲が、
この大箱のステージの上でどう受け取られるのか、
今後のベビーメタルの方向を測る上でも、
まさに、正念場、と言えるのではないだろうか、と。

という訳で、ベビーメタル、ちょっと飽きてきた?

おいおいおい、おさん、目を覚ませ!

これ、このベビーメタル、ライブで見てみたくねえか?
え?どうなんだ?
で、そんなもの見たら、いったい、頭蓋骨がどうなってしまうのか!?

という訳で、いまだに綱渡り、ぎりぎりぎっちょんちょんのベビーメタル、
今こそが正念場、そして、これからもずっとずっと正念場。

そしていつの日にか、あのロックの殿堂:マジソン・スクエア・ガーデン、

その頂点に向けて、いま一つ、巨大な岸壁をよじ登ろうとする、
この、あまりにも危険な賭け、その大博打の日々。

さあ、ちょっとはワクワクドキドキしてきましたか?

とそんなことを書きながら、

なんだかまたまた、ベビーメタル、

あの超絶ゴリゴリ、ガチガチの錐揉みビート、
身体中がそれを欲している、
その高揚感が蘇りつつある秋の午後。

とふと見れば、おっとIPHONEにメッセージがひとつふたつみっつ。

面接のご依頼という奴であろうか。

さあ、もう、カレッジ・ポップなんてのでポワポワしている場合ではない。

そう、戦いの時、そのトキの声、こそがベビーメタル。

そうか、ベビーメタルは、戦いの音楽、であったのだな。

つまり、戦いを忘れた人間には、ベビーメタルは響かない、必要ない。

ただ、そう、日々、戦いの中に身を置く戦士たちにとって、
ベビーメタル、まさに、日々の糧、まさに最高最上のパートナー。

そしてにわかに脳内に響き渡る、
あのベビーメタル DEATHの不穏なイントロ

そして始まる、電気を消して元気をチャージ、こりゃ始まるよ! ウキウキ☆ミッナイ!

ああ、なんとなく、身体中にまた、血が流れ、力が迸ってきた、
そんな気がしてくるのである。

という訳で、ベビーメタル、その危険な賭け、
その壮絶な綱渡りとガチンコ勝負、
スリルと戦い、こそがベビーメタルの宿命なのDEATH!







  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム