Loading…

早くも中毒・ベビーメタルの新曲「DISTORTION」~ これこそは最強メタル・パレパレードか!?

Posted by 高見鈴虫 on 07.2018 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
いきなりどう思う?と言われても返答に困る。
そう、あんただってそうだろう?
だから、いきなり、どう思う?なんてことを、聞いてきてるのであろう。
で、それへの回答、
こんな俺に、どう思う?と聞いてくるぐらいだから、
こんな俺が、それに、どう答えるのか、
その答えもすでに予想済み、なのであろう。
つまりは俺から、こんな答えを待っているのではあるまいか。

これがロックか?これがメタルか?これが心の魂の日本の美か?
逝ってしまったな、もうだめだ、世界征服の夢はこれにて終了・・・

まあそう、確かに毛色の変わった曲調ではある。
なにも知らぬものにこれを聞かせて、
誰の曲だと思う?と問えば、
ああ、AKだか乃木坂だか赤坂だか柿の木坂だかの新曲?
と答える人がいたとしても、
まさかこの曲を、あのベビーメタル、と思う方は、
まずはいないのはあるまいか。

で、俺的な第一印象、
ぶっちゃけ、これって、あの、最強パレパレード?





ははは、悪い、またしょうもないことを言っているな。
いやあそう、実はこの曲、パレパレード、
メタル・バージョンでどう?
なんて感じでやらされたことがあってさ・笑

で、実は、この新曲DISTORTIONを聴いたとき、
あ、これ、最強メタル・パレパレードだ、と直感した訳だ。

つまりそれどういうこと?
つまりそれ、だんす・ミュージックじゃね?と。

で、まあそんな理由もあって、
ははは、悪い、兄弟、俺は大方の予想を覆して、
なんとなんと、
この新曲「DISTORTION」
実に実に凄く気に入っている。
ってか、ははは、もう、これで何度目だ?ってぐらい、
あれからずっとずっと、何度となく、聴き込んでいる、聴き続けてる・笑

で?どう思うか、
どう思うかってより、結果はこれだよ。

能書きも戯言も抜きにして、
そう、聴いてる、聴き続けてる、
ずっとずっと際限なく、
こればかりを聴き続けてる。

この妙なぐらいの中毒症状、
これさ、まじで異常なくらい、魔法のように、癖になるぜ、
この、最強メタル・パレパレード。






まあ確かにね、この、くどいほどのツーバス、
これは確かに、あまりにもそれらしく、というか、
下手をすれば、自己コピーか、とも思えなくもないが、

でもさ、あのシンコペーションを初めて聞いた時だって、
んだこれ、このドラムアレンジ、最悪じゃねえか。
こんなもの生身の人間ができる訳ねえだろ、
とは思いながらも、
それがあの青神様の手に足にかかった途端に、
それはまさに奇跡のように、
一回二回三回と本ちゃんでのギグを重ねる度に、
あれよあれよとこなれては形を成しはじめ、
ついにはあのオリジナルのデジ音など、
及びもつかないほどの大名曲に化けたではないか。

ただ、そう、曲調としてだよね。
そう、この曲調をどうやって、
これまでのベビーメタルのレパートリーになじませるか、
それを考えれば、確かに難曲ではあろう。
確かにこれほどまでに、
これまでのベビーメタルのカラー、
つまりは、古き良きメタル・スピリッツなんてものから、
ちょっと突破ずれ過ぎちゃった曲も無かったであろう。

下手をすればこれ、ただのアイドル曲、
このとってつけたようなバスドラの連打、
それだけが、なんとかベビメタの名残りを思わせるだけに過ぎない、
曲だけ見れば、あるいはこの、コテコテのボカロ音源だけで言えば、
これはベビーメタルでもなんでもない、ただの初音ミク。
俺のようなロックヲタのバンド馬鹿がこの曲を聴けば、
それはまるで、メタルのギグのMCでいきなりハウス・ミュージックが流れたかのように、
唖然呆然苦笑失笑、下手をすればペットボトル攻撃に会うのは必至であろう。

で、この曲、つまりは、最強メタル・パレパレード、
つまりは、皆で踊れる、ということがメインな訳で、
ぶっちゃけ、もしかして、本当の本当にステージに7人の姫君が勢揃い、
なんてことをも、狙っているのか、なんていう、いやあな予感を覚えながらも、

なんだかんだと、一回、二回、三回、と聴き直す度に、
それがいつのまにか、四回、五回、六回、となり、
なんとなくもなんとなく、どうしても耳に着いて離れないこのサビメロ。

で、このデジ音だから、なんともゲームBGMっぽく感じるのだが、
これを生演奏で、しかも、まじのディストーションがギンギンの
ギターサウンドを被せれば、これ、絶対の絶対に凄まじく格好良くなる筈。

ただ、難を言わせて頂ければ、
すぅメタルの歌唱力を活かせる部分が、
ちょっとあまりにも少なすぎる、
という気がしないでもなく。
その分、あの超絶なほどに耳に残るサビメロに、全気力を注ぎ込むのか、
あるいは、うーん、もしかして、そんな思惑もぶっ飛ばすほどの、
とんでもない企画を用意しているのだろうか、と。

ああ、そう確かにそう。
俺は、AKBを聞いたことがない。
日本のアイドルも、そしてKPOPやらも、
ほとんど、というよりもまったく聴いたことがない。
そんな不幸中の幸い、ここまでアイドル界に徹底的に疎いと、
これがアイドル曲と言われれば、へえ、そうなんだ、と思うだけで、
いやでも、これはこれで、なんとなく新鮮にも感じたりするのである。

なので、どう思うか?
ははは、まだ生演奏で聴いてないからなんとも言えないが、
ただひとつ言えることは、
大丈夫だろ、と。

そう、兄弟、大丈夫だよ、
なんてったって我らがベビーメタルだぜ、
そして、なにより、これ、神バンドがやるんだろ?
ってより、こんなもの神バンド以外に、できる奴らいないだろ、と。

で、この曲を神バンドがやったらいったいどんなことになるのか、
そしてこの曲を、我らがすぅめたるがいったいどうやって料理するのか、
そのお手並拝見、と行こうじゃねえか。

大丈夫、十中八九、この曲は化けるよ。
そう、ギミチョコだって、シンコペだって、ドキモだって、
デジ音だけ聴いた時には、うへ、YAVA、と思ったろ?

そう、デジ音と、ライブ音源、そのあまりにも大きな落差ってのも、
ベビーメタルの魅力のひとつ。
で、それがために、ライブにあれだけの人が集まる訳じゃねえか。
なので、俺はこの曲、ライブで聴くのをすっごく愉しみにしている。

大丈夫、ベビーメタルだぜ、またまたとんでもない奇跡の大化け、
このDISTORTIONにおいても、やらかしてくれる筈だからさ。

なので、うだうだ言う前に、二回、三回、聴き直してくれよ、
そしたら、あら不思議、そう、四回、五回、六回、
どんどん癖になるからさ。

という訳で、この最強メタル・パレパレード、
つまりは、踊れるメタル!
これはこれで、とんでもない新境地だよ。
大丈夫、ベビーメタルはやっぱりしっかりと不滅のまま、
信じようベビーメタル、その奇跡の倍返し大逆転を!









  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム