Loading…

ばぁろぉ、どんなもんでい!のベビーメタル オースティンTXの超絶倍返し! 

Posted by 高見鈴虫 on 10.2018 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments

な、な、な、どうだよ、言った通りだろ、
見たかよ、オースティン、
これもう、倍返しも倍返し、
とんでもねえステージじゃねえかよ、と。

これぞまさに、ばぁろー、どんなもんでぃ!のベビーメタル って感じだろ。

このすぅちゃん、
もう完全にリミッター弾き飛ばして、
全曲に渡って絶唱に次ぐ大絶唱!
これ、もう、とてつもないパワーアップ。
会場中をぶっ飛ばすだけぶっ飛ばしてるじゃねえか、と。

いやはやなんとも、このすぅめたるというお人は、
ほとほと、もう、ぐうの音も出ないほどに、
ま、ま、ま、参りましたぁ!の一言。
もう心の底から惚れて惚れて惚れきっちゃう、
とてつもねえ、大怪獣美女だよなあ。
一時は真面目にどうなるかと思ってたけどさ、
見ろよこの怒涛の大観衆を前にしたすぅめたる、
その姿に、涙が、涙が、涙が、とまらねえよお〜!

と言うわけで、
ベビーメタル2018ニューシーズン
その二日目 天下分け目のオースティン・TX
その超絶倍返し公演。
まさにこれぞ天下のベビーメタル、
その面目躍如の二乗三乗。

新参の神ダンサーのお二方も、
ザ・マッスル・シスターズなんていう、
まったくもって大当たり!のお名前を頂戴したようで、
出演二回目にして早くも定着化が決定。

で、で、で、これに、ユイが復帰すれば、
可憐な三姫の脇を固める怒涛のマッスル・シスターズ、
まさに、鉄壁じゃねえかよ、と。

ディストーションの名曲化はすでに周知の事実、
それに加えて、新曲二曲もすっかりと絶好調!

という訳で、くそったれ、ベビーメタル、
今度という今度は、
またもや、またもや、またしても、
完全の完全にやられ尽くしたぜぃ!



でさ、改めて今回のステージ構成、
確かに、ユイ不在の苦肉の策、とは言うものの、
ではあるのだが、

たしかにさ、いままでのベビーメタルのステージ、
フロントは黒が基調の三姫に対して、
バックには白で固めた神バンド、ってな対比があって、
つまりは、神バンドが背後を守る城壁、
ぶっちゃけ、三姫は神バンドという筋金入りのプロフェッショナル軍団の上に、
乗っかっている、あるいは、護られている、というイメージだったんだけど、
今回、神バンドも黒装束で合わせて、すっかりとベビーメタル軍団化、
そして、マッスル・シスターズが加わることによって、
ステージのすべてが、ベビーメタル軍団、と化している訳で、
で、そんなベビーメタル軍団、
それを率いるのが、スゥめたる、という構図、
つまりは、全体を合わせたピラミッドの頂点、
その絶対リーダー化を確立するためのツアーなのではあるまいか、と。

え、ってことは・・ もしかして、
あの、ディスティニーズ・チャイルドのビヨンセ、じゃないけど、
後々には、すぅちゃんの一本立ちも念頭に置いている訳なのか、
なんていう、ちょっとした、期待半分不安半分、
そんな不穏な未来図が、見え隠れしないでもないのだが、

だがだがだが、
そう、そういう企画があったにしても、
それはあくまで、スピンオフ。

俺的にはベビーメタルはやはり三位一体の黄金のトライアングル、
ユイと最愛、その二人の天使達無くしては、
すぅめたるの魅力も最大限には発揮できない、
あるいはそう、
これでユイが復帰したその暁には、
そのパワーいったいどんな事になるのか!?

と考えれば考えるほど、つまりはこの公演、
すぅちゃんのリーダーシップを鍛え上げること、
そして、最愛のダンサー能力の底上げを念頭において、
まさに特訓に次ぐ大特訓。
そして、いつ、どのタイミングで、ユイの再デビューが図られるのか、
まさにそのときこそが、
新生ベビーメタルの真の開眼の姿!
うへえ、まったく凄えことになってきたぜ、と。

という訳で、いや、あの、カンサス・シティ、
もしかして、ユイは寝坊して飛行機に乗りそこねたのか、
あるいは、うーん、これはちょっと、あまりにも言いづらいことではあるのだが、
もしかして、学年末テストで赤点食らって、
哀れ留年、つまりは、ダブリ、が確定してしまって、
なんてことではまさか、あるまいな、と。

まあそう、どんな事情があったにしても、
大丈夫、そう、ベビーメタル、なんだからさ、と。

という訳で、
この怒涛のオースティン公演。
会場中が大合唱したTHE ONEと、
そして興奮冷めやらぬ怒号の様な歓声に包まれて、
ベビーメタルの超メガトン級の大倍返し。
これにて一件落着、思い切りの落とし前が付きました、と。

ああ、早く、YOUTUBEに海賊動画上がってこねえかな。

見てない人、今夜のギグも必見だぜ。

このオースティン、まじ、凄かった、
こんな海賊映像でも、とてつもなく凄かったベビーメタル。

怒涛の進化を続けるこの未知なる巨大生物、
いったいどこまで巨大化していくのやら。

という訳で、明日はダラスか。
まさに怒涛の勢いのベビーメタル軍団、
世界征服の野望、着々と侵攻中なり!



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム