Loading…

オバマさん、雇ったらいくら?

Posted by 高見鈴虫 on 15.2018 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments
で、ジャパン・ブルーの次なる監督、
いったい、誰になるんだよ、なんてことでやきもきしながら、

ふと、で、そう言えば、ジャパン・ブルーならぬ、
我が神国日本、

ここまでしょうもない状態に陥ってしまったいま、
その監督、ならぬ、その首相、
もしかして、嘗てのオシムさん、あるいは、ハリルさん、じゃないけど、
海外からその道のプロ、なんてのを呼んだほうが良くねえか、
なんてことを性懲りもなく考えてみたりもして。

そう、俺思うけど我らがエイブちゃん、
これだけの妙な人気があるってのも、
実は誰もそんなエイブちゃんが好きでもなんでもなくて、
他にいないから、とか、そんな理由なんじゃね、と。

実質、本当にこのエイブちゃんでも良いと思ってるひとなんて、
賭けてもいいけど10%もいないと思うんだよね、
もしも日本人がまだまだ正気であるならば。

つまりはただたんに、選択肢化それしかないから、とかそのぐらいの理由。
であれば、どうだろう、誰か他から、この糞監督に変わる、別の方、
お呼びしちゃっても良くねえか、と。

で、俺的には、オバマさん、とかどうだろうと・笑

はは、そう、俺、実はオバマさん、大好きだったんだよねえ。
え?なに、オバマ大統領、どうしようもなかったじゃねえかって?
だってよ、あれ、みんな、バカブッシュの尻拭いだろ、と。

あの先の見えない、どころか、
最初からディック・ちんぽこ・チェイニーに嵌められただけのでっち上げの戦争から、
そんであのサブプライム危機、
言っておくが、あの時、すでに、世界は終わっていたんだぜ。

この完全に死に体のところから、
あの、正義と真実の男、バラック・オバマ無くしては、
アメリカ、あるいは世界は、
その後の奇跡の復興は成されえぬまま、
しっかりすっかりあの時点であっさりと終わっていた、その筈。

そんなオバマさんを、議会の、そしてロビーイストの糞どもが、
邪魔するだけ邪魔しまくってからに。

で、その結果が、これかよ、
つまりはこの、糞バカ寅野郎ってわけだろ?

という訳で、いまになって新たに湧き出る、ああ、オバマさん、
もう一度帰ってきて・・・ そのあまりも悲痛な、取り返しのつかない声・声・声・・・


という訳で、あのオバマさん、ちゃっかり日本に拝借。
で、そう、四年ぐらい、ちょっと試しにやってもらって、
っていうの、なんか、良くね?とか思ったんだけどさ。

で、問題は契約金なんだが、いったいオバマさん、いくらで雇えるのだろう・・
なんてことを、考えてもみた。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム