Loading…

ベビーメタル・ブリスベン ~ BABYMETAL 2018 GOOD THINGS FES AUSTRALIA千秋楽:さらばダークサイド。友よ、夜が明けたぞ!あとは突っ走るだけだ!

Posted by 高見鈴虫 on 09.2018 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
観た?
ブリスベン。
すげえな、まじで。
エビバディ・ジャンプで、
本気の本気で、ステージの櫓が崩れるかと思ったぜ。

いやあ、すげえな、ベビーメタル、
オーストラリア、完全征服、ってか、
これ、まじで、出来過ぎだろ、と。

で、今回のブリスベン、ちょっと夢がかなったってか、
そう、そのコンサートの模様、
まさに、前から後ろからの、同時中継。


とりいそ、俺が観てたの、
これー> 

と、そして、
これー>  

と、そんで、
これー>  

あと、これー>


どう?まじで、ギャハハハハ!って感じで、
なにこれって、そう、ベビーメタル! 

我らがベビーメタルが、地球の裏側で、
見渡す限りの地平線の彼方まで、これだけ愛されている!
その実証!

そう言えば、ブロンディも、オーストラリアで火が点いたんだよな、実は。

いまオーストラリア、景気良いしさ。

このオーストラリア、これからのベビーメタルを支える、
大切な大切なパートナーになること間違いなし。

という訳で、
オーストラリア初登場の、GOOD THINGS の三日間、

まじで、これはもう、嘘偽りも、煽りもフカシもなく、

まじのまじで、大成功の大勝利だろ、と。

でさ、そう、このサヤ嬢を加えての三姫体制の復活、

なんか、すごく、吹っ切れたっていうか、

あのベビーメタルの持っていた、ハチャメチャなぐらいの明るさ、

そのパワーが、まじで戻って来た、ってか、倍増だろ、これ。

なんか、夜が明けた、ってか、
一足お先に、勝手に、三姫の方から、ダークサイドにおさらばしちゃった、

そんな感じがするのだが、どうだろうか、と。






いやはや、
オーストラリアを丸ごと、完全にぶっ飛ばしてしまった、
ベビーメタル、そのダークサイド。

おいおい、このルンルン、キャピキャピの、エビバディ・ジャンプ!の、

そのどこが、ダークサイド、なんだよ、と。

という訳で、ダークサイドという企画から言えば、
まさに、掟破りのこの大全開!!

いやあ、なんか、この2018年、

その初っ端の、小神様の悲報から始まって、
そして、ユイを欠いたままの大混乱ツアーから、
そして、遂に恐れていたユイの脱退の公式発表から、

まさにこの2018年、危機の中の危機、であった訳なんだが、

この怒涛の2018年、そのダークサイドが、
ようやく、ようやく、ようやく、このオーストラリアで、明けてくれたのか、と。

ってか、これ、まじで、すぅが、最愛が、そして、さや嬢が、

無理矢理にこじ開けた、いやはやまじで、蹴破ってしまった、

そんな感じがするのだが、どうだろうか。

改めて、ベビーメタルにダークサイドは似合わない。

だって、すぅちゃんだぜ、だって、最愛だぜ、

そしていまは、サヤ・メタルだって、いるんだぜ。

ベビーメタル、もうなにも迷うことはない。

あとは、走るだけだ!

思い切り、力の限り、行けるところまで、この山を、登って登って登り切るだけだ。

大丈夫、このオーストラリア公演、見ろよ。

ベビーメタル、なにがあっても、絶対に大丈夫だ!

という訳で、思うことは山々どころか、
津波のように押し寄せてきている訳だが、

取り急ぎ、この感動を誰かに伝えたい!

さらばダークサイド!

友よ、夜が明けたぞ!

あとは、突っ走るだけだ!

改めて、コバさん、本当の本当に、お疲れ様、
いやあ、まじで、こう書くだけでも涙にじむぐらいに、
辛い辛い年だったよなあ。

ただ、そう、ただ、ベビーメタルは不滅だ。

すぅが、最愛が、そして、サヤ嬢が、
そしてなにより、神バンド!がいてくれる限り、
そしてそしてそして、
世界中のこの、底なしにバカなメイトたち、
その変わらぬ愛がある限り、

ベビーメタル、絶対に、なにがあっても、不滅だ!!

行くぞ、ベビーメタル、世界の頂点!

このまま、一気に、駆け上がるのみだぜ!






  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム