Loading…

明けましておめでとう!! ベビーメタル、2019年サマソニ出演決定!

Posted by 高見鈴虫 on 02.2019 BABYMETAL☆ベビーメタル   0 comments
よっ! あけおめ!
明けたなあ、兄弟!
ついについにの、夜明け、だぜ。

ベビーメタル、2019年サマソニ出演決定!

ぬぉぉおおおおおおお!

この真冬の最中にいきなりのサマソニかよ、
ではあるものの、
そっか、サマソニかあ。
で、そうなると8月まで随分あるよな、と。

ただ、まあ、正直なところ、
もしかすると本当の本気で、
200回公演で打ち止め、
なんてことを覚悟し始めていたところもあって、
まあそういう話ではなかった、ということが判っただけでも、
いやあ、良かった、実に良かった、
というか、まじで全身脱力の思い、ではある。

で、改めてこの長い長いブランクの理由なんだが、
まあ今更言うまでもなく、
たぶんそれはやっぱり、
すぅちゃんの、そして、最愛からの、強い強い要望であって、
つまりは、ユイなくしてはベビーメタルにはたり得ない、
そういう気持ちがあったんじゃないのかな、という気はしていた。

だってさ、だって、ほら、俺達だって覚えがあるだろ?
だってほら、友達、だしさ。
あの時代のガキどもなんて友達こそがすべてだからさ。
しかもこのベビーメタルだぜ。
年端もいかない頃からずっとずっと、
山越え谷越え海を越え、
数多の国境を越えては苦楽を共にしてきた、
そんなフェローシップの魂の友、
仲間の中の仲間、切っても切れない姉妹仁義だぜ。
なにがあったって仲間は見捨てられない。
すぅユイ最愛のベビーメタル原理主義、
それを一番強く感じていたのは、
他ならぬ、この三人だったんだぜ、
というのも、まあ当然の話だろ、と。
だからこそのベビーメタルだろ、と。
それだけの絆があったからこそ、
ここまでの偉業を成し得たんだろ、と。







という訳で、待つつもりなのかな?
つまりは、いくらなんでも8月ぐらいまでには良くなってるんじゃない?
なんてところで、気長にユイの回復を待っているのか、と。
或いは下手をすると・・
なんてことを考えるに、ちょっと気になることがあってさ。

そう、サマソニ、と聞いて、げげげ、まさか、と浮かんだ妙な予感。
つまりは、2017年のサマソニ東京で、
すぅちゃんのあの、ついにここまで来ました!の達成宣言。
2017年サマソニ後記 ~ ついにここまで来たぞ、ベビーメタル、日本のロック!
普段からそういうコメントがほとんどないベビーメタルとしては、
つまりはこのサマソニというステージに、
なによりも特別な思い入れがあった、ということなのだろうが、
そんな特別なサマソニへの出演が、
そのサマソニだけのスケジュールが発表されたいま、
そしてなによりあの古き良き盟友であるレッチリからのたってのお誘い、
ということもあってなのだろうが、

えええ、だとすればだとすれば、
下手をすればこのサマソニのステージが、
本当の本気でベビーメタルのさよなら公演?

まっさかあ、とは思いながらも、
そんな訳で、この2019年サマソニ出演公布、
正直まだまだ、手放しでは喜べないなあ、
という気がしないでもないこのネガティブおやじ、
がしかし、
あるいはいやしかしもしかすると、
あの、レッチリの御導きの御威光の御利益によって、
このサマソニのステージに、
すぅユイ最愛の黄金のトライアングル、
その三役が晴れて揃い踏みの大復活!?

なんてことを考るまでもなく、
まあなにはなくとも取り急ぎめでたし、めでたし、と。






という訳で、いやあ、明けたなあ、と。
旧正月に合わせた訳ではないのだろうが、
これでようやくめでたくも年が明けてくれたってことで、
改めて、明けましておめでとう。
まだまだベビーメタルが観れるぞ!
少なくともあと二回は!
その喜びだけは、素直に分かち合いたい、と。

で?このサマソニ、改めてそのラインナップ、
土曜の夜、というそのベストの日、
その一日のうちに、ベビメタとレッチリと、
ランシッドとブリング・ミー・ザ・ホライズン・・
へええ、と・笑
ガチンコだな。
それも、思いっきりだな。
そんなことやっちゃうんだ。
で、順番は?
とか、妙なことを気にするとまたあれなのだが、
まあ、すげえことになるだろうなあ、ぐらいは誰にだって判る。

という訳で、皇帝の居ない八月、ならぬ、女帝の蘇る八月。
ベビーメタルのこの、下手をすれば最期になるかも知れぬ晴れ姿。
あるいはもしかしたらもしかすると、
すぅユイ最愛の黄金のトライアングルが奇跡の復活を見るのか!?
なんてことを思えば思うほどに、
これを見過ごす手はねえかもなあ、と。

改めて8月にいったい俺の人生がどうなっているのだろう、
なんてことをつらつらと考えながらも、
だとしたらもしもこれで日本帰るとしたら、
いったい何年ぶりなんだろうな・・
で、その何年ぶりの帰国が、
よりによって、あの糞暑い8月かよ、と。
などと思ったとたん、
おお、どうしたことか、ふと、鼻の先に、
あの江ノ島の磯臭い匂いが、ふっと過ったような気がする、
この真冬の最中のニューヨーク。

改めて、ベビーメタル以外には、
何一つとしてなにもろくなことがねえご時世だが、
まあ、せいぜい八月までは、達者で暮らしてくれ。







  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム