Loading…

自称「民意の高い」筈の人々が、日中韓の悶着が誰かの画策によるものだ、というこのあからさまなペテンについてなぜ口を開かないのかな?

Posted by 高見鈴虫 on 01.2012 アメリカ爺時事
日本国民が本当に民度が高い、というのであれば、
当然のことながらもう気がついているであろうが、
民度の低い、と言われている彼の国との間で、
悶着が起こっているように錯覚をさせられている近頃の事態は、
皆様のお気づきの通り、
「誰かが仕組んでいるもの」
と考えるのが妥当。

少なくとも民度の高い人々であるならば、
そのぐらいのことには重々承知であることが
まあ当然だと考えるがどうだ?

で、
誰が、その悶着を仕組んでいるのか、と云えば、
言わずとしれた
それらの国が悶着を起こすことを望んでいる人々、
つまり、日中韓が諍いを起こして徳をする人々、
ということになるのも当然のこと、
というのも異論はないだろう?

という訳で、
民度の高い我々としては、
そんな画策にまんまと載せられない、のはもちろんのこと、

民度の高い国である筈の日本国内において、
そんな画策の片棒を担いでいるのが誰か、
ということについて、深く考える必要があるのではないのかな?

そうやって、
明らかに自国の国益を損なうことだと判っていながら、
金を貰えればなんでもやってしまう国賊企業の皆様。

誰からいくら貰ったのかは知らないが、
結果オーライの言い訳を前提として、
国体の存在そのものを踏みにじるようなことをするべきではない
と思うがどうだ?

そんな国賊企業の社内には、
自社の行なっているそのような反日的行為に対して、
「否」を唱えるものがいない、のだとしたら、
東電を攻める資格などどこにもない、と思うがどうだ。

バカ右翼も、似非知識人も、自称「民意の高い」人々も、いいかげんに目を覚ませ。

貴様らが小銭に目が眩んで、訳も判らずやらされていることが、
いったいどれだけ自分自身の土台を腐らせる行為なのか、
ということについて、民度の高い国民らしく、
多角的な視点をもって考えてみたらどうだ。

中国やら韓国を、民度が低い、などと言う前に、
似たような大衆先導に踊らされている自分自身の民度について考えたらどうだ。

海の向こうからだと、限りなく馬鹿馬鹿しく見えるんだがな。

日本人、いい加減に目をさませ。

ハワイでも香港でもカルカッタでも、
自国を離れて、たった一人になって、
3日もすれば、
自分たちがどれだけちゃちなペテンの中に囲い込まれていたかすぐに判る。

3日だけでもいい、
テレビも新聞も日本語のWEBサイトにもアクセスしなければ、
すぐに判る筈だ。

まずは世界の中で一人きりになってみろ。

聞いたような口を聞くのは、それからでも遅くない筈だがな。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム