Loading…

日本の歌が耳障りな訳

Posted by 高見鈴虫 on 23.2008 音楽ねた
そうそう、で、日本の歌が、耳障りだって話、
思うに、声質、とか、そういう問題じゃなくて、
決定的に歌い込みが足りないだけ、だと思うよ。
練習が足り無すぎる、というか、
自分の声が作られるほどに歌い込んでない、と。
そのレベルの実力でメディアに乗れるっていうのからして、
やっぱりニホンは音楽のレベルが低いんだよ、
と端的に思う。

或いは、歌い込み的な上手い歌手を、
ニホンは求めていない、と。
そんながんばった、重たい音じゃなくて、
もっと、どうでもいい、つまり、本と、どうでもいい音しか求めてないんだろうな、と。
つまり、
そう、音に鈍い人たち、なんだよ。
音楽を必要としてない人ばかり、なんだよ、
なんて言っちゃったら言いすぎだな。

なんかかみさんいないんで久しぶりに酔っ払ってたら、
なんか最近不良じゃねえな、とつくづく思ってさ。
で、
ふと気づくと俺の聴いている音楽、ぜんぜん不良っぽくなくてさ、
なんていうか、やばくない、というか、尖がってないというか、
少なくとも、今一番の不良、が聴く音楽じゃねえな、とか

で、色々探しまわした結果、TOP40だったよ。
ダンス系のPOPSとHIPHOPのTOP40.

やっぱり時代は進歩してるんだな、とつくづく思った。

俺、キャッチアップしているのかな、
なんて、
思わずわが身を振り返っちゃったぜ(笑

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム