Loading…

米国人の肥満度は是即ち貧困度

Posted by 高見鈴虫 on 28.2006 ニューヨーク徒然   0 comments   0 trackback
GAPの黒のスリム、
やっぱりだめだったみたいね(爆

あのさあ、
いったいぜんたい、
米国中これだけどこを見てもデブばかりだって言うのに、
いったいどれだけのアメリカ女が、
ぴちぴちの黒のスリムなんか履けると思ってるんだよ。

アメリカにおいて肥満度とはすなわり貧困度。
特にGAP買うような貧民層の肥満度って言ったら、
90%を越えていると思われ(笑

ねえ、
いつかきっと、
人類が食うに困らない時代がやってくるんだよ、
と目を輝かして言ったあいつ。

食うに困ることがなくなったら、
真の幸せな社会って奴が可能になるんだ、と。

見ろよ、このアメリカ。

食うに困らなくなった貧乏人たち。
生活保護のフードスタンプで買い込んだ、
チップスとコーラと缶詰で尻も腹も胸も太腿も、
パンパンのぶよんぶよんで歩行も困難ってな具合だぜ。

これが真の幸せな社会って奴なんだろ?


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/56-311f8a90

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム