Loading…

NYCで観るレターフロムイヲウジマ

Posted by 高見鈴虫 on 11.2007 読書・映画ねた   0 comments   0 trackback
おお、そう言えばそう言えば、
こないだ柄にもなく映画なんか観に行っちゃって、
そう、冬だからさ。テニスできないしね。
だからたまにはいいかな、なんてそんな感じ。

で、見た映画、うーん、と悩んで、
レター・フロム・イヲウジマ。
理由、英語の映画見るのが面倒だったか、なんちっち。

と言う訳で、近所でコリアン食った後、
そのままお散歩気分で行った映画館。

そう言えば、
なんか見た人みんな泣く、とか言うし、
日本の戦争映画みて泣いているところ、
近所の人々の人々に見られたら、
なんか照れくさいな、
なんてちょっと思ってはいたんだけどさ、
したらおいおい、いきなり超満員、
で、空いた席ないかな、と見回した途端、
あれまあ、おいおい、ここ空いてるよ、久しぶり、どうしてた?
なんて(爆
考えうる限り最悪のタイミング(爆
おいおい、やっぱ人間悪いこと、できないよね、なんて、
何が悪いことだ、と。

と言う訳で、経験しました、
NYCで観るレターフロムイヲウジマ。
世界の友達と観ようおじいちゃんの戦争話。

で、NY人の反応、
隣りの、よく判らないイタリア系のおっさん、号泣き。
いつ抱きつかれるか、とそればかり心配。
前で見ていたアイリッシュ系のカップルは対照的に大鼾。
何を間違えたかラテン系のHIPHOPなガキども、大退屈で途中で帰る
日本人かコリアンか、判らない学生風のグループ、始終無言。ピクリとも動かず。

とまあNYらしく千差万別。

でも、なんか終わった後になって、
泣き腫らした目で、本当に、本当にごめんなさい、
と頭を下げに来た人がいて、ちょっと困った。
いや、良いってことよ、とは正直思えない。
ただ、
おお、そうだ、そうだ、どうしてくれる、とも言えない。今更(笑
正直なところ、許さない、許せるわけ無い、とは思う。
が、一緒にいたコリアンやら中国の人にはそんなこと口が裂けても言えない、でしょ?
そう、すげえ、ばつが悪かったよ。ほんと。居所無いって感じ。
ああDVD待てば良かった、と。

で、俺の感想。
退屈だった(笑
正直、どっ白け。
つまり、ごめん、つまらなかった。
万歳突撃?自決?なんかナンセンス過ぎ。
一言、バカかお前ら、と。
ああ、俺、アメリカ長すぎたのかな、と。
俺、もう全然日本人じゃないのかな、とそのほうが寂しかった。
でもね、そう言いながら、
ぜんぜん気持ちが入らなかった。

対アメリカに対して、恨みなんて無いし、
俺、そんなこと言ったら、自分のダチになんて言ったらいいんだよって。

でもね、言い訳するけど、俺が全然反民族主義かって言ったら、
実は全然そんなこと無いんだよ。
やるときは一人でもやるよ。俺。そういうタイプ。

杉山愛とか、イチローとか、けなす人いたら、一人でも話しつけるよ(爆
ワールドカップで日本のチームけなすやつが居たら刺してやろう、
と思ってたけど、俺さえもが腹の立つような無様さだったんで、
俺が逆切れして、俺は日本人やめた、と叫んで大爆笑。

と言うわけで、
そう、いいじゃない日本人がブラジル応援したってさ。
いいじゃない、アイリッシュが牛丼好きだってさ。
いいじゃん、インド人がテニスやったってさ。
もう、いいじゃん、コッカとかイロとかカミサマ、とかさ。
関係ねえよって。

だから、イオウジマな人々、気持ちは判るけどさ、
まじで、もうさ、やめねえかそう言う話、
とつくづく思った、とさ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/63-17b9a8df

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム