Loading…

生理周期の不思議

Posted by 高見鈴虫 on 20.2008 今日の格言
満月の夜、
ジョイントを巻きベランダに椅子を並べて
月の魔力について話あった。
友人の海洋生物学者の
満月の夜に海の中で行われる生殖活動の不思議な話を
それとなく聞きながら、
ふと、女の子の生理の周期と月の引力の関係について考えていた。

そう言えば、いま俺のつきあっている女たちの、
生理の周期が不思議と同じであるのはどうしてなんだろう、と。
つまり、かみさんとあの子とあの子とあの子が、
いつのまにか同じ日にピリオドが始まっている、と。
つまり、月の中で、どの子に会ってもご機嫌斜め、
という一週間が存在するのだ。

まさか、女の子ってみんな同じ日にピリオドが始まる、
わけじゃないよね、
つまり、
月の重力に女の子のピリオドが影響を受けているとすると、
ここNYCに住むミリオンの女の子達は、
みんな同じ日にピリオドを迎える、
と、そういうことか、と。

いや、そんな筈は無い、という女性陣の話。
ただ、同じオフィスに働いている女の子の周期が、
いつのまにか同じになっている、という話は良く聞く、と。
つまり、いつのまにか同僚と生理周期がシンクロしている、らしい。
彼女達にとってはそれはまあ普通のこと、つまり良くあること、
であるらしいのだが、
なんかこれ、改めて割と不思議だね、と。

で、そう俺の疑問。
どうして、俺の周りの女の子の生理周期がシンクロしてしまっているのか、
うーん、これも不思議である。
つまりこれって、もしかして占星術の世界?
女の子が占いを否定しきれない理由というのは実にこういう所にあるのだな、
と思い知った。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム