Loading…

打たせて捕る

Posted by 高見鈴虫 on 09.2012 今日の格言
いくら剛速球が自慢といっても、
ストレートばかりでは次第に目がなれられ、
いずれパチンと打たれる。

ストレートを打たれた場合、その当たりはでかい。

自慢の剛速球を打たれたショックもでかい。

そして直に疲れがやってくる。

疲れた剛速球投手。
これは目も当てられない。

疲れが見えたら、変化球を武器にしなくては駄目だ。

ストレートを見せ球にして、変化球でしとめる。

それも三振を狙うのではなく、
できれば打たせて捕る方がスマートだ。

この人生というマウンド、
打ちこまれても打ち込まれても、
途中で降板するわけにはいかない。

途中で休む訳にも、
ましてや控えの投手と交代する訳にもいかない。

打たせて捕る変化球投手、
その技術をそろそろ身に着けなくてはいけない。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム