Loading…

いま判った。神は内在するんだよ

Posted by 高見鈴虫 on 10.2006 旅の言葉   0 comments   0 trackback
昼下がり、木陰のハンモックに猫のように丸まって本を読んでいると、浜辺を横切ってきた全裸の若い男が
眩しげな目のまま振り返ってこう叫んだ。

「いま判った。神は内在するんだよ。俺は地球という神の細胞のひとつ。つまり俺が神そのものでもあるんだ」

おめでとう。ようやく気づいたね、と言ってやると、
ああ、と初めて、本気で嬉しそうな顔をして笑って頷いて、
また眩しげに顔をしかめたまま、浜辺の向こうの端に向けて歩き始めたのだった。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/733-f68f0df7

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム