Loading…

BUT NOT FOR ME in TOKYO - 10

Posted by 高見鈴虫 on 09.2012 旅の言葉
友よそろそろゆかねばならぬ
もうあえぬかもしれぬが
それもうんめいだ
われわれは萎えてか弱く声も小さいが
それは
能ある鷹が爪を隠しているまでのこと
悪い風が過ぎるのを待っているだけのこと
チャンスは寝て待ての言葉通りに。
日本は大丈夫だ
きっと大丈夫だ

あらためて、日本はいい国だったなあ。
つまり、
日本もゲストで来ていれば、最高なんだけどなあ、
という事か。
なんて馬鹿なことにみすみす騙されては行けない。

2012-10-08-XIMG_8040.jpg

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム