Loading…

「心はいつも3時間前」

Posted by 高見鈴虫 on 29.2006 嘗て知った結末   0 comments   0 trackback
「心はいつも3時間前」

気になるひとが遠くにいて、
心はいつも3時間前。
朝食は寝息
昼食にベーグル
3時のおやつにペパロニピザとアレグラサラダ
ジムの前の軽食にブルーベリーマフィン
ワインのディナーはバナナが一本。

日本と仕事をする人々はすべてが日本向け、
つまり昼と夜がきれいにひっくり返った暮らしをしていて、
朝食に豚肉生姜焼きとほうれん草のおひたしとしば漬とごはんとおみそしる。
そして、晩御飯は、あれまあベーグル一個。
となってしまうわけで、
それに比べたらまあちょっとはましだけどね。

と言うわけで、
殺気立った朝のミーティングの最中に、
よだれを浮かべた寝顔を思い出して、
あいつが今見ているだろう夢について考えてみる。
ちょっといたずらして、
届くはずのないキスといっしょに
ちょっとエッチな念なんてものを送ってみたり。

昼休みは近くの公園のベンチ、
頭上を囲む摩天楼の渓谷を見上げながら、
海に向かうパームツリーの坂道を駆け抜ける
黒いサングラスをしたあいつの姿。
風に踊る長い髪。
薄い唇と涼しげな瞳。

相変わらず長引く残業の合間に、
電話してみようかな、とちょっと悩みはじめて、
深夜のスポーツジム、
窓一面に広がるミッドタウンの夜景
トレードミルを走りながらマリブの赤い夕日を思って、
そして夜、
ソファの上、ワインのグラスを胸においたままうつらうつら。
ふと眼をさまして12時過ぎ、
ああ、今日も話せなかったな、とため息をひとつ。

顔を洗って歯を磨いて、
ベッドに入って目を瞑って、
ああ、もうこんなくらしはもうちょっとヘビーだな、
と落ちていこうとしたときに、
るるるる。
ごめんね、いま帰った。

と言うわけでふと気が付くと3時前。
もうちょっと、と思うと夜明け前。
もういいか、と思うと出社前、

朝食は寝息
昼食にベーぐる
3時のおやつにペパロニピザとアレグラサラダ

心はいつも3時間前。
気持ちはいつも夢心地。


「心はいつも3時間前」 
- 2006-05-29 Starbacks Coffe at 24st and 3rd.


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/811-adaa3e84

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム