Loading…

フィルター・ドッグ

Posted by 高見鈴虫 on 02.2012 犬の事情
オーストラリアンキャトルドッグ、

本国オーストラリアではフィルタードッグとも言われるらしい。

家の前にでん、と陣取り、
それこそ自分の気に入らない訪問者は
例え警察であろうが郵便配達人であろうが借金取りであろうが、
一歩たりとも家には近づけないのだそうだ。

確かにうちの奴にもそんなところがある。

吼えることもなく訪問者をじっと見つめながら
その態度にちょっとでも怯えの色が浮かぼうものならもうおしまい。

飼い主が静止しない限り、
望まれない訪問者は
ズボンの裾を引っ張られたまま一歩も動くことが出来ず、
下手をするとそのまま家の外に引っぱり出されてしまう。

そんなキャトルドッグにどう立ち向かうか。

そこは悪ガキの喧嘩と同じ。
怖い思ったらそれだけで負けなのだ。

並外れた運動能力と強靭な忍耐力に加え。
優れた知性を兼ね備えたキャトルドッグのその一番の武器とは、
まさにその視線なのだそうだ。

戦わずしてそのガン圧一撃だけで相手を見抜き、威圧してしまう。
まったく手強い犬である。

オーストラリアン・キャトルドッグの居る宅を訪ねる時には、
心したほうが良い。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム